男性への退職祝いの選び方のポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性への退職祝いの選び方のポイントとは?

円満といえる定年退職からネガティブな理由での退職まで、会社を辞めるきっかけは人それぞれ。そのきっかけによって社内のお祝いムードも変わるため、退職理由に合わせたお祝いを選ばなければなりません。

 

加えて、基本的にはオフィスギフトですので、相手との関係性や、職場ごとの慣習も踏まえる必要があります。少し難易度が高い退職祝いですが、いくつかのポイントを押さえるだけで、退職者に心から喜んでもらえるアイテムをみつけられます。今回は、男性社員へスポットを当てつつ、退職祝いにふさわしいプレゼントの選び方をご紹介しましょう。


 

■男性への退職祝いとして喜ばれるのはどんなもの?

男性への退職祝いとして喜ばれるのはどんなもの?

男性社員のみならず退職者が喜んでくれるプレゼントは、年代によって変化するもの。世代別による、基本的な退職祝いの選び方は以下のとおりです。

 

・退職祝い選びのポイント〜40代まで

 

まずは、社会的にはまだ若い40代までの男性退職者についてご紹介します。働き方が多様化している現代において、20代~40代の男性が退職する理由の多くはキャリアアップのための転職ではないでしょうか。セカンドライフを考えるにはまだ早い「現役世代」ですので、転職先で使える実用的なアイテムを贈ると喜ばれるでしょう。

 

そうなると、ビジネスユースできるバッグやブリーフケースなどの実用品が視野に入ります。ビジネスバッグは、その日の持ち物によって使い分ける方が多く毎日使うため、複数持っておきたいと考える人は少なくありません。もちろん、プライベートで使えるボディバッグや、カジュアルなデザインのトートバッグも喜ばれるプレゼントの一種です。

 

・男性への退職祝い選びのポイント〜50代以上

 

この世代になると、早期退職や定年退職のお祝いとなるケースが増えてきます。まだ次のキャリアが待っているとはいえ、そろそろセカンドライフを考え始める世代です。このことから、ビジネスシーンよりも、プライベートで使えるアイテムが喜ばれる傾向にあります。

 

例えば、ゴルフが趣味の男性であれば、ゴルフウェアを贈るのも良いでしょう。ドライブが趣味という方なら、普段使いできるキーケースやカー用品を。休日にキャンプを楽しんでいる男性には、少し高級なアウトドア小物をセレクトすると好印象です。

 


おすすめ > 年代問わず喜ばれるプレゼントはこちらから(贈る手間なし編)



■男性への退職祝いにふさわしくないアイテムは?

男性への退職祝いにふさわしくないアイテムは?

ビジネス上の贈り物にマナーはつきもの。中には、贈ること自体がタブーとされるアイテムもあります。

プレゼントを選ぶ際には、以下のアイテムは選ばないように注意しましょう。

 

・フレグランス

 

以前に比べ、フレグランスアイテムを好んで使用する男性は増えています。しかし、退職祝いの贈り物としてはふさわしくありません。女性から男性にフラグランスアイテムを贈る行為には「親密な関係になりたい」という意味があり、誤解を招く恐れがあります。プライベートはともかく、退職祝いのプレゼントとして選ぶのは避けましょう。

 

・箸(はし)

 

最近は「マイ箸」を持ち歩く方が増えており、ギフトとしての人気も年々高まっています。しかし、これからセカンドライフを歩み始める定年退職の方に箸を贈るのはNGです。

 

というのも、箸からは「橋」が連想され「三途の川に橋を架けて早くあの世へいきなさい」という意味に繋がることから、縁起が悪い贈り物とされています。縁起を気にかける年配者は多いため、退職時の贈り物として選ばないようにしましょう。

 

退職祝いは、これまで一生懸命働いてきた相手に対し、感謝やねぎらいの気持ちを伝えるためのものです。今回ご紹介したポイントを参考に、清々しい気持ちで新たなスタートがきれるよう、真心込めた退職祝いを贈りましょう。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事