《相手別》お中元のお礼状!今すぐ書けて気持ちの伝わる文例10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お中元_お礼状

お中元をもらったら、お礼状を書きましょう・・・といわれても、いったい何を書けばよいか分からず困っていませんか?

お中元を受けとったことや感謝の気持ちを伝えるお礼状は、タイミングが大切です。

今回は、すぐに使えるお中元の文例を「取引先」「友人・知人」「身内」別に10例紹介しますので、あなたに合った文例を参考にしながら、今すぐ書き進めてくださいね!

 

目次

 

1.お礼状について知っておきたい基本知識

お礼状と夏の花

◆お礼状とは?
お礼状は、品物を「確かに受け取りました」ということと、相手の気遣いに対する感謝の気持ちを伝えるものです。

◆お中元が届いたら、お礼状だけ送ればいいの?
「お礼状だけではなく、お返しの品物も送った方がより丁寧なのではないか」 と考える方もいるかもしれませんが、お中元は「いつもお世話になり、ありがとうございます」という意味で贈られるものなので、お返しの必要はありません

ただし、何もしないのは失礼ですので、お礼状やお礼の言葉を伝えることを忘れずに。

《どうしても相手に贈り物をお返ししたい場合》
「お中元」「暑中見舞い」「残暑見舞い」として贈り物をすると良いでしょう。
※相手の住んでいる地域や贈る時期によって表書きが変わります。
詳しくはこちらをご確認ください。

2.絶対に知っておくべき! お礼状のマナー

マナーについて考える女性

それでは、ここからは、お礼状のマナーについて紹介します。

◆送り方
誰にどのような方法で送ればよいか、下の表を参考にしながら、相手の考え方や関係性によって判断してください。

ハガキ・手紙 誰に対してもOK。
最も丁寧な送り方。
電話 身内や友人・知人、親しいビジネス関係の人に対して。
ただし、忙しい人には別の方法で。
メール 身内や友人・知人などの親しい人に対して。
ただし、 親しいビジネス関係の人で、いただいたことをすぐに報告してお礼を言いたい場合はメールでもOK。

◆送る時期
お中元が届いたらすぐに送りましょう。

遅くとも、1週間以内には先方に届くように送り、タイミングをはずさないようにしてください。

◆お礼状に書くべき内容のポイント
お礼状を書くときのポイントをまとめました。

これさえ押さえておけば、失礼のない内容となりますので、しっかり確認してください。

1 時候の挨拶
※時候のあいさつは、月によって変わります。詳細はコチラでご確認ください。

2 相手の健康・安否を尋ねる
3 お中元をいただいたお礼と感謝の言葉
4 相手の健康や息災を願う言葉
5 日付や差出人名

上記をもとに、文例を作成しました。
次項には送る相手別の文例を掲載しているので、引き続き読み進めてくださいね。

《お礼状文例》
1 暑さも一段と厳しくなってまいりました。
2 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
3 このたびはご丁寧にお中元の品を頂戴いたしまして、ありがとうございました。
  家族一同大喜びで、さっそく賞味させていただいております。
4 奥様にもよろしくお伝えください。
  日に日に暑さが増しております。くれぐれもご自愛くださいませ。

5 2016年○月○日 中元 太郎

3.今すぐ使える! 相手別お中元のお礼状文例

ここからは、実際にお礼状を書くときに使える文例を紹介します。

「取引先」「友人・知人」「身内」別に用意しましたので、お礼状に何を書こうか悩んだときには参考にしてくださいね。

◆取引先へ

取引先との握手

拝啓 ○○の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、このたびは結構な品をご恵贈賜りありがとうございました。
ご芳志誠にありがたく、謹んで拝受し、改めて御礼申し上げます。
今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。
略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

敬具

 

株式会社○○
代表取締役 △△ △△
拝啓 ○○の折、貴社におかれましては益々ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、本日は結構なお中元の品を賜り、誠に有難うございます。
有難く拝受しました。ご厚志に改めて御礼申し上げます。
貴社の益々のご発展をお祈り申し上げますとともに、今後とも変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

 

株式会社○○
代表取締役 △△ △△

※「○○の候」の詳細はコチラでご確認ください。

拝啓 貴社におかれましては時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、このたびはご丁寧にも結構な品を賜り、誠にありがとうございます。
日ごろ私どものほうこそお世話になっていますのに、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、厚くお礼申し上げます。
暑さ厳しき折、皆様くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。
まずはとりあえず書中をもってお礼申し上げます。

敬具

 

株式会社○○
代表取締役 △△ △△

 


◆友人・知人へ

友人と過ごすひとときのイメージ

【7月に贈る場合】

毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
さて、本日はお心のこもったお品をいただき、誠にありがとうございました。
いつもながらの優しいお心遣いに心より感謝申し上げます。
まだしばらくは本格的な暑さが続きますが、体調を崩されませんようご留意ください。
まずはお礼まで。

【8月に贈る場合】

猛暑が続いています。○○さんはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私は夏バテなどせず毎日元気に過ごしております。
さて、このたびは美味しいハムをお贈りいただき、ありがとうございました。
ハムは私の大好物。私の好きな食べ物を覚えていてくれて、本当に嬉しかったです。
さっそく今日の夕食に家族みんなでいただこうと思っています。
秋風が吹けば少しはしのぎやすくなるでしょうね。
それまでお身体には気をつけてお過ごしください。

【月を問わずに贈る場合】

本日、お中元のご挨拶をいただきました。
家族みんなで旬のフルーツの甘みとさわやかな香りを楽しみながら、さっそく美味しくいただきました。
ビタミンCがたっぷりで、暑い夏にはぴったりですね。
いつも細やかなお心遣いには感謝するばかりでございます。
何かと忙しい季節ですが、どうぞご自愛ください。
次にお会いできるのを楽しみにしております。
取り急ぎお礼まで。

 


◆身内(両親・義両親・兄弟姉妹など)へ

笑顔の両親

【7月に贈る場合】

長かった梅雨も明け、夏本番となりました。
お義父様もお義母様もお変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私たち家族は毎日元気に過ごしております。
このたびは美味しいオレンジジュースを送っていただき、ありがとうございました。
子どもたちも、「甘くて美味しい!」と大変喜んでおりました。
厳しい暑さが続きます。くれぐれもお身体にはお気をつけてお過ごしください。
まずはお礼まで。

【8月に贈る場合】

秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。
お父様お母様にはいかがお過ごしでしょうか。
前にお会いして以来、すっかりご無沙汰してしまい、申し訳ございません。
こちらは○○さん(夫の名前)をはじめ子どもたちも元気に過ごしております。
さてこのたびは美味しいシャーベットをお贈りいただき、ありがとうございました。
子どもたちは毎日、お風呂上りに美味しくいただくのを楽しみにしております。
まだまだ暑さは続くようですが、夏の疲れが出ませんようにご自愛くださいませ。
取り急ぎお礼まで。

【月を問わずに贈る場合】

本日、お中元のご挨拶を熱帯夜が続く日々ですが、お兄様そしてご家族の皆様はお元気でお過ごしですか。
おかげさまで、私たち家族は毎日賑やかに過ごしております。
さてこのたびは美味しい明太子をお贈りいただき、ありがとうございました。
育ち盛りの長男は特に、ご飯と一緒に毎日とても美味しくいただいております。
なかなかお会いすることができませんが、夏バテなどなさいませんようお身体には気をつけてお過ごしください。
まずはお礼まで。

いかがでしたか?

タイミングの良いお礼で状感謝の気持ちを伝え、今後の良い関係を築き、お付き合いを深めていってくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オフィスギフトの豊富なプランを見る

  • 3000円プラン
  • 5000円プラン
  • 1万円プラン
  • 3万円プラン
  • 5万円プラン
  • 10万円プラン
  • 12万円プラン
  • ハイクラスプラン
  • プレミアムセット
  • 胡蝶蘭・観葉植物
  • ギフトマナー講座
  • ギフトコラム
  • LINEでギフトをすぐ贈る!
  • ご利用ガイド
  • よくある質問