長寿祝いで喜ばれるおしゃれな胡蝶蘭の選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長寿祝いで喜ばれる胡蝶蘭の選び方!



親族が集まって、60歳・70歳と節目の年に長生きを祝う「長寿祝い」で渡すお祝いの品と言えば、

赤いちゃんちゃんこなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、

実は胡蝶蘭もおしゃれで最適な品だということをご存知ですか?



目次



おすすめ > 品質とスピード・実績に定評がある胡蝶蘭はこちら

長寿のお祝いとは?

長寿のお祝いとは?

長生きのお祝いをする「長寿祝い」は、かつてはお客様を招いてお祝いすることが一般的でしたが、最近では親族が集まって、お祝いの会を開くようになりました。そして、「長寿祝い」は、最大で7回もあるのです。

 

◆還暦(60歳のお祝い)
長寿祝いの中で、もっとも有名なのが「還暦」です。還暦は、十干十二支が60年で一巡して、生まれた暦に還る、という意味があります。

 

◆古希(70歳のお祝い)
古希とは、中国の詩人である杜甫が歌った「人生七十古来まれなり」に由来していると言われています。

 

◆喜寿(77歳のお祝い)
喜寿の喜という字を分解すると、十七の上に七が付いたような文字になります。このことから、「喜の字の祝い」という言い方もされることがあります。

 

◆傘寿(80歳のお祝い)
「さんじゅ」と言われる長寿祝いです。傘という字の略字を分解すると、八十となることから付けられました。

 

◆米寿(88歳のお祝い)
米寿は、米という字を分解すると八十八となることに由来しています。末広がりで、とても縁起が良いですね。

 

◆卒寿(90歳のお祝い)
卒寿の卒の字の略字は「卆」という字です。この字を分解すると九十となることから付けられました。

 

◆白寿(99歳のお祝い)
白寿は百の字の一を取ると「白」という字に見えることから、100歳のひとつ手前の99歳を意味しているとされています。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

おしゃれな胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭の選び方

長寿祝いに胡蝶蘭を贈る場合には、どんな胡蝶蘭にするのか、その選び方にも気を付けましょう。具体的には、以下のことを念頭に置いて選ぶといいでしょう。

 

◆胡蝶蘭の色
胡蝶蘭と言えば、「白い花」というイメージがあるかもしれませんが、ピンク、紫など意外とカラフルな色もあります。そして、長寿祝いには、その年を祝うテーマカラーがあるので、その色に合わせて選ぶのもいいでしょう。
還暦は赤、古希・喜寿・傘寿・卒寿は紫、米寿は紫、白寿は白がお祝いの色です。

 

◆相場
胡蝶蘭は大きさや種類によって金額が異なります。
身内の場合は10,000~30,000円、知人の場合は5,000~10,000円、ビジネスシーンで贈る場合は、3,000~10,000円が相場だと言われているので、参考にしてください。


よく使われる胡蝶蘭はこちら

 

◆胡蝶蘭の大きさ
そもそも長寿祝いとは、その方の長生きと健康を祝う大変喜ばしいお祝いのため、贈り先に十分なスペースがある場合は、大輪の胡蝶蘭を贈ることをおすすめしります。
しかし、ほとんどの場合が、自宅で胡蝶蘭を見て楽しむ場合が多いので、胡蝶蘭の大きさで迷ったら、贈り先のご都合などを確認してから選びましょう。

 

◆贈るタイミング
長寿祝いに胡蝶蘭を贈るタイミング的には、誕生日の2週間前から前日までが良いと言われています。なぜなら、誕生日の当日は、集まった親族と出かける場合が多く、不在の可能性があるからです。
また、何らかの理由でお祝いの品が誕生日に間に合わなくても、1週間程度であれば特に問題はありません。

 

◆立札
胡蝶蘭や観葉植物を贈り物とする場合には、立札を付けることが一般的なマナーです。立札には、「祝」や「長寿祝」という言葉を入れましょう。例えば、還暦のお祝いなら「祝 還暦」という風に、贈る相手の年齢に合わせて名称を入れるようにしましょう。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

 


マナーを守って長寿祝いに胡蝶蘭を贈れば、おしゃれで相手に喜ばれるはず!

もし、身内や普段お世話になっている身近な人の中で、長寿祝いが近い人がいたら、ぜひ胡蝶蘭を贈ってみましょう。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事