《特集》胡蝶蘭の病気・害虫【葉っぱ編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《特集》胡蝶蘭の病気・害虫【葉っぱ編】

お祝いなどで贈られることの多い胡蝶蘭。
せっかくいただいた胡蝶蘭は、大切に育てたいものです。

でも、「大切に育てているはずなのに元気がない」と感じたことはありませんか?
もしかすると、胡蝶蘭が病気にかかっているのかもしれません。
胡蝶蘭の病気は、正しく対処することで改善できるのです。

そこで今回は、胡蝶蘭の病気の中でも、特に「葉っぱ」に症状が現れる病気の種類や、その適切な対処法についてご紹介します。


胡蝶蘭の花や全体に関係する病気について知りたい方はこちら


外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ

 

目次

 

おすすめ > 品質とスピード・実績に定評がある胡蝶蘭はこちら

胡蝶蘭の「葉っぱ」に症状が出ている場合

胡蝶蘭の「葉っぱ」に症状が出ている場合

胡蝶蘭の葉っぱに症状が現れている場合、主に以下の病気が考えられます。

 

【葉っぱが茶色や黒くなっている】

◆症状
葉っぱが茶色や黒色になっている場合、「葉焼け」が考えられます。
葉焼けとは、直射日光に当たることで葉っぱの細胞が死んでしまったり、葉緑素が抜けてしまったりする症状のこと。はじめのうちは茶色や黒色になりますが、葉緑素が抜け落ちるため最終的に白色になるのが特徴です。

 

◆対処法
すぐに直射日光の当たらない日陰に移動させましょう。後は、基本的には何もしなくて構いません。ただし、あまりにも症状がひどい場合は、細胞が壊死したりウイルスに感染したりしている場合があるため、殺菌剤を散布する必要があります。また、葉っぱに緑の部分がほとんど残っていない場合は、その部分を切除しましょう。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

 

【葉っぱがブヨブヨで茶色くなっている】

◆症状
葉っぱがブヨブヨで茶色くなっていると場合は「軟腐病」が考えられます。
軟腐病とは、細菌により葉っぱが腐ってしまう病気のこと。葉っぱに水滴のような斑点が現れ、それが淡褐色に変わり、悪臭を放ちながら腐敗していくのが特徴です。

 

◆対処法
細菌が原因の軟腐病は感染力が強いため、症状が少しでも現れたら(水滴のような斑点が見られたら)大きめに切除する必要があります。切除した部分や周りの葉っぱには、キッチンハイターなどの台所用塩素系洗剤を塗っておきましょう。

 

【葉っぱに黒色や茶色の斑点が出る】

◆症状
葉っぱに黒色や茶色の斑点が出るときは「炭そ病」が考えられます。
炭そ病とは、カビによる病気のこと。葉焼けの症状と似ていますが、炭そ病は白く変色することはありません。

 

◆対処法
症状が現れた部分を大きめに切除し、殺菌剤を塗りましょう。

 

【葉っぱに白い糸が見える】

 

葉っぱに白い糸が見える

◆症状
葉っぱに白い糸が見えるときは「ハダニ」が発生している可能性があります。
高温や乾燥が気になる時期に発生しやすい特徴があります。

 

◆対処法
このショウジョウを見つけた場合はすぐに薬剤を散布します。また、葉っぱを乾燥させないよう霧吹きなどで葉水することでも、ハダニの発生を予防できます。

 

【葉っぱの裏に白くて硬いものがある】

◆症状
葉っぱの裏に白くて硬いものがあれば、それは「カイガラムシ」である可能性があります。

 

◆対処法
カイガラムシの成虫は薬剤が効かないため、濡れティッシュや綿棒を使ってこそぎ落とす必要があります。カイガラムシもハダニ同様、霧吹きで葉水することで予防できます。

 

【葉っぱに触れたら白いものが飛ぶ】

◆症状
葉っぱに触れた際、白くてフワフワしたものが飛ぶと「オンシツコナジラミ」です。

 

◆対処法
見つけ次第、薬剤を散布して駆除します。

 

【葉っぱに穴が空いている】

◆症状
葉っぱに穴が空いているときは「ナメクジ」の被害が考えられます。ナメクジは葉っぱや新芽、花芽をエサにするため、屋外で育てる場合は注意が必要です。

 

◆対処法
見つけ次第、誘引剤などで駆除します。なお、ナメクジの発生する可能性が低い室内で育てることでも予防できます。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

 


今回は、胡蝶蘭の葉っぱに現れる病気の種類や、それぞれの症状に応じた適切な対処法について主にご紹介いたしました。

葉っぱに少しでも異変があれば、それは胡蝶蘭が苦しんでいるのかもしれません。

速やかに対処し、大切な胡蝶蘭の健康を守ってあげましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事