《特集》胡蝶蘭の病気・害虫【花・全体編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《特集》胡蝶蘭の病気・害虫【花・全体編】

胡蝶蘭の病気は、葉っぱに症状が現れるものだけではありません。

花に症状が現れたり、胡蝶蘭全体に症状が現れたりするケースもあります。

そこで今回は、胡蝶蘭の病気の中でも、特に「花」や「全体的」に症状が現れる病気の種類やその適切な対処方法についてご紹介します。


胡蝶蘭の葉っぱに関係する病気について知りたい方はこちら


外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ

 

目次

 

おすすめ > 人気の胡蝶蘭、美しい胡蝶蘭はこちら

胡蝶蘭の「花」に症状が出ている場合

胡蝶蘭の花に症状が現れている場合は、以下の病気の種類が考えられます。

 

【花に小さいシミができている】

◆症状
胡蝶蘭の花に小さいシミのような斑点ができている場合は「灰色カビ病」が考えられます。そのまま放置すると斑点が大きくなり、灰色から緑灰色のカビに変わります。

 

◆対処法
カビが発生している部分を全て切り取り、湿度の低い場所に移動させます。高温多湿が原因であるため、栽培環境を適湿適温に整えることで予防できます。

 

【つぼみが黄色く変色して落ちる】

◆症状
花のつぼみが黄色く変色して落ちてしまうときは「コナダニ」の影響が考えられます。
つぼみが黄色く変色してしまうのは、コナダニがつぼみの中に入り込み、そこで動き回ることによってエチレンガスを発生させるから。肉眼で見ることはできませんが、ルーペを使うとコナダニの姿を見ることができます。

 

◆対処法
見つけ次第、ケルセン乳剤やモレスタン、ペンタックなどの薬剤を用いて駆除します。

 

胡蝶蘭「全体」に症状が出ている場合

胡蝶蘭「全体」に症状が出ている場合

葉っぱや花を含め、胡蝶蘭全体に症状が現れている場合の主な病気の種類は、以下の通りです。

 

【水を与えても萎れていく】

◆症状
水を与えても葉っぱが萎れていく場合は、「立ち枯れ病」が考えられます。立ち枯れ病には、リゾクトニア菌によるものとフザリウム菌によるものがあります。いずれもカビの一種です。

 

◇リゾクトニア菌
リゾクトニア菌が根を腐らせることにより、水を吸い上げる力が低下し、枯れてしまいます。水をいくら与えても葉っぱが萎れてしまうのが特徴です。

◇フザリウム菌
通気性の悪さや受皿に水を溜めたままにしておくことでフザリウム菌に感染し、枯れてしまいます。葉っぱが黄色くなり萎れていくのが特徴です。

 

◆対処法
◇リゾクトニア菌による立ち枯れ病の場合
腐った根を切除し、乾燥させてから植え替えを行います。リゾレックスやモンセレン、バリダシンなどの薬剤を散布することで予防できます。

◇フザリウム菌による立ち枯れ病の場合
まずは受皿の水を捨て、風通しのよい場所に移動させます。株の一部に症状が現れている場合は、そこを切除して植え替えを行いましょう。リドミルやトップジンM、タチガレンなどの薬剤を散布することで予防できます。

いずれの立ち枯れ病も、水のやりすぎや通気性の悪さが主な要因です。水のやりすぎに注意し、風通しのよい場所で管理することで予防できます。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

 

【色素が抜ける、うねる、でこぼこになる】

 

色素が抜ける、うねる、でこぼこになる

◆症状
葉っぱの色素が抜けたり、うねったり、でこぼこになるなどの症状が現れると、「ウイルス」の影響が考えられます。胡蝶蘭に感染するウイルスは30種類以上もあるといわれており、ウイルスの種類によって症状も異なります。

感染要因はさまざまで、害虫や雑草などに付着するウイルスであったり、ハサミや手袋などの園芸道具に付着するウイルスであったり、人の手に付着するウイルスが感染するケースもあります。

 

◆対処法
ウイルスによる胡蝶蘭の病気は、残念ながら完治させるのは困難といえます。症状がひどい場合は、処分する他ないでしょう。

そうならないためにも日頃から感染源となる害虫などを駆除したり、園芸道具を消毒したり、胡蝶蘭に触れる可能性のあるものを清潔に保つことで予防できます。

 

おすすめ > 品質とスピード・実績に定評がある胡蝶蘭はこちら

 


今回は、胡蝶蘭の花や全体的に現れる病気の症状について、その適切な対処法について詳しくご紹介いたしました。

胡蝶蘭も私たち人間と同じで、悪い環境の中で生活をしていると体調を崩してしまい、病気にかかりやすくなってしまいます。

清潔な環境は人間だけではなく、胡蝶蘭にも優しい環境といえるのです。大切に育てている胡蝶蘭の小さな変化を見逃さず、愛情を持って接していただけると幸いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事