胡蝶蘭を長持ちさせるベストな設置場所とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胡蝶蘭を長持ちさせるベストな設置場所とは?

「コツコツと資金を貯め、念願叶って自分のお店をオープンさせることができました!」

そんな時に開業祝いとして贈られる定番といえば胡蝶蘭ですね。見た目が非常に美しく、「祝い花」として広く知られています。

せっかく開業祝いに頂いた胡蝶蘭ですから、お店に飾りたいと思いますよね。今回は開業を最大限に盛り上げる胡蝶蘭の正しい設置場所やその管理方法をご紹介いたします。

目次

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

お祝いに胡蝶蘭が選ばれる3つの理由

お祝いに胡蝶蘭が選ばれる3つの理由

◆縁起のいい花言葉と見た目の美しさ
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」で、非常に縁起がいいお花として知られています。そのためお祝いのプレゼントとしては最適なんです。

花言葉だけでなく、その見た目の美しさは特筆すべきものがあります。花びらの色や形、茎の曲線は美しく優雅で、あなたもきっと魅了されることでしょう。店内に飾るだけで雰囲気が明るく、華やかになります。

 

◆場所や季節を問わずに設置できる特徴
胡蝶蘭は一般的なフラワーギフトに使われる花々に比べ、花粉量や香りが少ないことも特徴のひとつです。例えば飲食店の場合、料理やドリンクの香りとぶつかり合う心配がありません。したがって業務形態を問わずに飾ることができるので、お祝いを受け取る方からも喜ばれるお花だといえます。

さらに、胡蝶蘭は国内で年間通じて生産されているため、季節を問わず贈ることができます。この点も開業祝いの定番といえるでしょう。

 

◆寿命の長さ
一般的に贈られるフラワーギフトの寿命は数日から数週間であるのに比べ、胡蝶蘭は1、2ヶ月ほどです。花持ちがよく、長期間鑑賞できるのは贈られる方にとっても嬉しいですよね。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

胡蝶蘭を設置する前にしておくべきこと

胡蝶蘭を設置する前にしておくべきこと

◆すぐにラッピングを外して通気性の確保をする
胡蝶蘭が届いたら、鉢に巻かれているラッピングをできるだけ早く取り外しましょう。胡蝶蘭の根は湿気に弱いので、通気性を確保することが重要です。蒸れた状態で放置すると「根腐れ」という病気にかかりやすくなるので注意しましょう。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

胡蝶蘭を設置する際の4つのポイント

胡蝶蘭を設置する際の4つのポイント

【ポイント:1】店内設置がベスト
胡蝶蘭の原産地は東南アジアで、高温多湿の環境を好み寒さに弱い植物です。そのため設置場所としては、温度、湿度が調整しやすい店内が望ましいです。それに加え、直射日光を避け、カーテン越しのような柔らかい日光が届く場所に設置しましょう。

胡蝶蘭が好む温度は18~25度程度ですので、夏冬に設置する場合は冷暖房を使用し、温度調節に気をつけましょう。

 

【ポイント:2】空気の乾燥に注意
胡蝶蘭は乾燥が苦手な植物ですので、エアコンの風が直接あたる場所は避けましょう。冬場の乾燥した店内などでは葉に霧吹きをかけるか、加湿器を設置してください。湿度50%以上を保ち、乾燥を防ぐことでお花が長持ちします。

 

【ポイント:3】店外設置は日除け対策と気温に注意!
店外設置をする場合は、日除けネットなどを使って直射日光を避けましょう。それに加えて風通しが良い場所を選ぶことが重要です。真夏や真冬に店外設置するのは、胡蝶蘭にとって大きな負担になりますので、店外に胡蝶蘭を設置する場合は外気温に注意しましょう。

 

【ポイント:4】水やりは植え込みが乾ききってから
水やりは植え込みの中まで乾ききってから行うことが大切です。お水を与える前に植え込みの表面を手で軽く押し込み、湿り気が残っているかを確認してください。湿り気がなく、中まで乾いている状態であれば、コップ1~2杯ほどの水を与えましょう。

前述の通り、胡蝶蘭は蒸れに弱い植物です。植え込みの中まで濡れた状態を続けると「根腐れ」を引き起こしますので十分注意しましょう。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

 


いかがでしたか?

お店のスペースによっては設置に最適な場所を確保できない場合もあります。

地下のお店となれば日光すら当てられません。限られた店内環境の中でも、愛情込めて育ててあげてください。

そうすれば胡蝶蘭を頂いた方々の気持ちにも、新たな挑戦をするあなた自身の気持ちにも、改めて向き合う時間になりますね。

この記事を参考に、胡蝶蘭の美しい花々を是非堪能してみてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事