【パーティーに花を添える!】クリスマスギフトに胡蝶蘭がオススメの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【パーティーに花を添える!】クリスマスギフトに胡蝶蘭がオススメの理由

心躍るクリスマス、大切な人に何をプレゼントするか、毎年悩む人も少なくないでしょう。バッグや洋服、ジュエリーなどももちろん良いですが、相手に一番思いを伝えられるもの…それはやはり、お花ではないでしょうか。

特に胡蝶蘭はオススメ。少し意外な感じもしますが、実はクリスマスのギフトとしてピッタリのお花なんです。

目次

オフィスギフトの胡蝶蘭

クリスマスの由来と風習

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭り。世界のさまざまな国でお祝いがされますが、日本やアメリカでは、イギリス式のやり方で、家族や大切な人と過ごすのが一般的。

クリスマスツリーが輝く部屋で食卓を囲み、クリスマスプレゼントの交換をします。

そんな、年間行事の中でも特別なクリスマスという日を、胡蝶蘭は大輪の花でより豪華に演出してくれます。




クリスマスに胡蝶蘭がふさわしい理由

クリスマスに胡蝶蘭がふさわしい理由

◆胡蝶蘭の花言葉
胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」「あなたを愛します」という素敵な花言葉があります。お店の開店祝いなど、誰かの幸せや繁栄を願うときによく贈られますが、家族や大切な人が集まるクリスマスにもピッタリ。クリスマスと同時に年納めとなる時期なので、新しい年に幸せをもたらすという意味でも良いでしょう。



◆胡蝶蘭は花持ちがいい
胡蝶蘭はとても花の寿命が長く、1ヶ月から3ヶ月はもつといわれています。最近は早めにクリスマスツリーを飾り、12月まるまるクリスマスムードを楽しむ人もいますよね。胡蝶蘭も、12月の早いうちから飾れば、クリスマスシーズンのワクワクを一層華やかに演出してくれます。

また、クリスマス当日に合わせて飾れば、年末からお正月まで楽しむこともできます。




オフィスギフトの胡蝶蘭

クリスマスに胡蝶蘭を贈る際に気をつけること

クリスマスに胡蝶蘭を贈る際に気をつけること

◆胡蝶蘭の選び方
では、クリスマスに胡蝶蘭を送る場合、どのようなものを選べば良いのでしょうか。

例えばビジネスシーンでは鮮やかすぎる胡蝶蘭を贈るのは避けた方が良い場合もありますが、クリスマスでは基本的にNGの色はありません。クリスマスをイメージして、赤色や白色の胡蝶蘭を組み合わせて贈るのも素敵だと思います。

また、「あなたを愛します」という花言葉になぞらえて、「愛」を象徴するピンクの胡蝶蘭を選ぶのも良いでしょう。

それに、例えば恋人に外出先のディナーなどでサプライズプレゼントとして贈るような場合は、美しくラッピングを施した切り花がスマート。家庭で楽しむ場合などは、花を長く鑑賞できる植木鉢を選ぶのがオススメです。



◆胡蝶蘭を贈るタイミングとお届け先
クリスマスに胡蝶蘭を贈る際、タイミングはクリスマスイブまでには贈るようにしましょう。胡蝶蘭の大きさによってはそれなりの重量があるので、もし女性の自宅に贈る場合は、事前に予定を確認し、お手伝いしてあげるのが良いでしょう。

もっと相手をビックリさせたいなら、レストランなどに送っておき、絶好のタイミングでお店のスタッフから持ってきてもらうなんて演出もオススメ!その場合、事前にお店の人に相談し、しっかりと打合せをしておきましょう。



◆ラッピングや立て札について
クリスマスで胡蝶蘭を贈るなら、ラッピングもやはり華やかでゴージャスなものがオススメ。特別感をより一層引き立ててくれます。

家族や恋人など、ビジネス以外で親しい人に贈る場合、立て札は必要ありません。その代わりに、メッセージカードにふだん言えないような言葉を書いて伝えてみるのも良いでしょう。メッセージカードは花が散った後も残るので、大切な思い出になります。




オフィスギフトの胡蝶蘭



1年に1度の大切な行事、クリスマス。今年は「あなたを愛します」という花言葉を持つ胡蝶蘭を大切な方にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

例年とは違ったサプライズに大切な人もきっと喜んでくれるでしょう。素敵なクリスマスのプレゼント選びにピンクの胡蝶蘭を贈りましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事