2016.10.11

電報の利用はネットが便利&お得ってホント?イマドキ事情大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:ネット電報、

ネットで電報を頼んでいる手

電報を使うにあたり「申し込みが大変そう」というイメージを抱いていませんか?

歴史の長い電報ですが、時代の変革に合わせ、より手軽に利用できるものが誕生しています。

ネットから注文できるイマドキ電報で、特別なサプライズをしてみませんか?

これまで電報を利用した経験のない人も安心できる、簡単で便利な使い方のコツを紹介します!

目次
ネットで申し込める!イマドキ電報事情
パソコンとスマホと手

電報と言えば、電話で内容を申し込むものというイメージがあるかもしれませんが、最近は電話を使わない「ネット電報」というスタイルも積極的に利用されています。

◆ネット電報とは?
ネット電報は、インターネットを利用して申し込むタイプの電報で、結婚祝いや新築祝い、昇進祝いなどのお祝いの電報を、より気軽に贈れるのが特徴です。

◆ネット電報の使い方とは?
ネット電報は、次のような手順を踏んで申し込みます。(会社により異なります。)

1:電報サービスを展開している会社を探す
会社によってサービス内容や電報の種類が異なるので、複数の会社を比較すると◎。

2:利用したい台紙を決定する
「フラワー付き電報」「カタログギフト付き電報」など豊富な種類の中から、好みのものを選択。

3:お届け日と、お届け時間を指定する
「当日お届け」などの指定は、依頼する時間帯によって対応できない場合もあるため、早めの手続きが必要。
元旦や母の日のように、サービス利用者が集中する日は時間の指定ができない場合もある。


4:お届け先の住所を指定する
会社によって管轄地域が変わり、対応できない地域もあるため事前に確認すること。
結婚式場など、式斎場に届ける場合には住所や会場名を間違えないように注意が必要。


5:相手の情報を記入する
ビジネスの相手には、会社名・役職名などを間違えないようにあらかじめ確認しておく。

6:メッセージを記入する
文字数によって、料金が変わる場合がありますので事前に確認した上でメッセージを記入すること。

7:自分の情報と支払方法を記入する
クレジットカード支払い、電話料金とあわせての決済、料金後納など、さまざまな支払い方法がある(会社による)。

◆ネット電報の基本的な料金システムとは?
ネット電報は、メッセージや差出人の総文字数など下記の要素等によって料金が変わります。
会社によって価格帯はさまざまなので、予算が限られている場合はよく検討してください。

《利用料金が変更する要素例》
・メッセージ文字数による料金
・台紙料金(フラワー、カタログギフトなど)
・送料
・手数料 など

◆ネット電報の特徴とは?
それでは、ネット電報は従来の電話で申し込みするタイプの電報と比べどのような違いがあるのでしょうか?

【長所】
●24時間申し込みができる
電話の場合は、サービスを展開する企業の受付時間内に申し込みをしなければいけませんが、ネット電報なら自分の都合に合わせて申し込みが可能です。

●スマホから、場所を選ばずに申し込みができる
パソコンだけでなくスマホからも申し込みを受け付けている会社が多くあるので、職場や外出先からでも申し込みができます。

●住所検索機能を活用できる
相手の住所や式斎場が曖昧な場合に、検索機能を利用できることも。
郵便番号から地名を絞るなど、便利な機能を活用し入力の手間を省くことができます。


●ネット申し込みの際にだけ、割引がある場合がある
ネット電報は、電話申し込みよりもお得な料金設定になっている場合があります。
【短所】
×申し込み時に迷ったとき、解決に時間がかかる
電話なら分からないことがあってもすぐオペレーターの方に相談できますが、ネット電報の場合はそうしたサポートがないため、自らよく読み、不明点は調べながら申し込む必要があります。
不安な場合には、カスタマーサービスが充実している企業の電報サービスを利用しましょう。


×間違いが反映されてしまう
打ち間違いやクリックミスがそのまま反映され、相手に届いてしまう危険があります。
注文後の確認メールを指定しておくなど、事前に対応しておきましょう。
ネットで電報を申し込める会社5選
パソコンから電報を依頼している女性

ネット電報を利用しようと考えたとき、もっとも重要なのがどのサービスを選ぶかという点です。

ネット電報サービスを展開している会社と、その料金システムなどをまとめましたので、希望に合った会社を選びましょう。


【日本郵便レタックス】:郵便局が運営

《料金システム》 台紙料金が電報料金
※通信文用紙が2枚以上となる場合は、1枚ごとにプラス料金が発生
《支払方法》 クレジットカード、請求書払いによる料金後納
《即日配達》 15:30までに申し込みの場合可能(一部地域は13:30まで)

日本郵便という信頼性の高さが特徴で、現在の場所を確認できる「追跡サービス」も利用できます。


【KDDIでんぽっぽ】:日本全国、さらに海外にもキャリアを広げて展開

《料金システム》 台紙料金が利用料金(有料オプション選択時はプラス料金)
《支払方法》 クレジットカード、auかんたん決済などのキャリア決済
《即日配達》 14時までに申し込みの場合可能

お申込みから最短3時間以内に配送する「当日お急ぎ便」などの有料オプションも展開されています。


【ALSOK電報】:セキュリティサービスで高い信頼を得るALSOKが運営

《料金システム》 台紙料金が電報料金(300字まで無料)
《支払方法》 クレジットカード、銀行振り込み(法人会員のみ・月末締め・翌月請求)
《即日配達》 12時までに申し込みの場合可能

立体的なアート作品でお祝いを彩る「3D電報」など、ユニークな電報も扱っています。


【For-Denpo】:植物を添えたグリーンメッセージなど、ギフト付き電報が充実

《料金システム》 台紙料金が電報料金
※筒タイプは最大350字、カードタイプは最大154字まで無料
《支払方法》 クレジットカード、コンビニ決済、楽天銀行決済、NP後払い
《即日配達》 可能(地域ごと、受付時間と最短お届け時間が異なります)

メッセージだけでなく、充実したギフトで相手を喜ばせたいときにおすすめです。


【NTT東日本D-MAIL】:NTTによる充実した内容が注目ポイント

《料金システム》 台紙料金+メッセージ文字数
《支払方法》 クレジットカード、電話料金と合算
《即日配達》 19時までに申し込みの場合可能

ネットワークが広く、比較的遅い時間でも即日配達が叶うので、急ぎの用件の際に重宝しそうですね。

「電報=電話で受け付けするもの」というイメージを持つ人は、少なくないのではないでしょうか。

しかしネット電報を活用すれば、時間を気にせず、より気軽に贈れるようになります。

いつものお祝いに特別感を添える電報で、大切な瞬間を華やかに演出してくださいね。

電報代わりに、【選べる喜び】と【ワクワク】を!

「オフィスギフト」は、カタログギフトのWeb版サービスです。

電報のようにメッセージを贈れると同時に、相手がニーズに合わせて好きなものを選べるから、電報代わりの贈り物として喜ばれています。

10万円5万円3万円1万円5千円の5つのコースから、予算に合わせてお選びいただけます。

家電やオフィス用具、高級食材やお酒など、「オフィスギフト」自慢の1500点以上の豊富な商品ラインナップの一例をご紹介しますので、今すぐご確認ください!

10万円コースの商品一例

5万円コースの商品一例

3万円コースの商品一例

1万円コースの商品一例

5千円コースの商品一例

※商品は、変更する可能性があります。

お祝いやお礼の贈り物には、贈ってうれしい、もらって楽しい、【120%大満足!】の「オフィスギフト」で決まりです!

プレミアムセットバナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事務所の移転・開店・開院のお祝い・お返しはカタログギフトの「オフィスギフト」

お得で便利な会員登録

  • ポイントを貯めてAmazonギフト券に交換
  • 領収書をPDFでダウンロード可能
  • マイページでギフトの管理が可能
  • スマホで簡単登録!動画メッセージが贈れる

「OfficeGift」会員登録で会員限定サービスが無料でご利用いただけます。
ご注文完了画面でパスワードを設定していただくだけ簡単会員登録できます。

  • 50,000円コースを見る
  • 30,000円コースを見る
  • 10,000円コースを見る
胡蝶蘭通販の【アロンアロン】