胡蝶蘭を贈るなら花束もおすすめ!贈る際のマナーやおすすめのシーンのほか、オーダー注文する際のポイントについて紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胡蝶蘭 花束

一般的に胡蝶蘭は鉢植えのイメージが強いでしょう。

 

しかし胡蝶蘭は花束にしてお祝いに贈ることもでき、他のお花と組み合わせることで豪華で華やかな花束を作ることもできますよ。

 

今回はそんな胡蝶蘭の花束について紹介します。

 

\全国送料無料、最短即日納品可能!/

胡蝶蘭バナー

目次

お祝いには胡蝶蘭の花束もおすすめ

胡蝶蘭の花ピンク

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という縁起のいい花言葉を持ち、お祝いでの贈り物として定番のお花です。

 

ちなみに胡蝶蘭という名前の由来は花びらが蝶のようで、蝶が幸福を運ぶというイメージからその花言葉がつけられた といわれています。

 

そしてお祝いの際の贈り物として人気のある胡蝶蘭は、鉢植えや造花以外に、花束という選択肢もおすすめです。

 

お祝いの贈り物に胡蝶蘭が選ばれる理由

縁起の良い花言葉を持つ胡蝶蘭は、贈ることで「相手の今後の幸せを祈る」という思いを示すことができると考えられています。

 

そのため、誕生日や記念日、開店祝いなどのビジネスシーンでも贈り物として好まれている のです。

 

また、お祝いの贈り物として胡蝶蘭が選ばれる理由には、縁起の良い花言葉以外にもいくつかの理由があります。

 

それは、胡蝶蘭が花持ちがよいために長く楽しめるという点や、花粉や香りが少ないために贈っても迷惑がかからないという理由です。

 

胡蝶蘭の花束のメリット

胡蝶蘭を贈る際には、造花や鉢植えという形のものを選ぶ方が多いでしょう。

 

しかし、あえて胡蝶蘭を花束にして贈ることで、大きく分けて二つのメリットがあります。

 

高級感のある花束になる

胡蝶蘭のもつ華やかさや気品、存在感は、花束という形になった際に高級感として表れます。

 

胡蝶蘭のみを使用した花束は豪華な花束ギフトとしても売られていますし、他の花と組み合わせられた花束でも、胡蝶蘭のもつ気品や美しさは埋もれることがありません。

 

花持ちが良い

胡蝶蘭の花束の最大の長所は、花持ちが良いことです。

 

ラン科のお花は長持ちする特徴を持っていて、切り花でさえも2~3週間にわたって美しさを保ちます。

 

切り花を長持ちさせるためにはお手入れが必須ですが、胡蝶蘭であれば花瓶の水替えだけでよく、花粉や花びらが落ちない形状のために掃除の手間もありません。

 

強い香りがないことから、お見舞いに送る花にも向いています。

 

胡蝶蘭の花束はどんなシーンにおすすめ?

青い花束

お祝いのシーンによく登場する胡蝶蘭は、鉢植えもよく贈られています。

 

しかし、鉢植えの場合は、設置にスペースをとるために気軽に贈りにくいという問題がありますが、その点、花束であればそういった心配事は発生しません。

 

そこで、見栄えがよく贈りやすい胡蝶蘭の花束にぴったりのシーンについて紹介します。

 

誕生日や記念日に

胡蝶蘭には共通の花言葉以外にも、その花の色によって異なる花言葉があります。

 

ピンクの胡蝶蘭がもつ花言葉は、「あなたを愛します」のため、大切な人の誕生日や結婚記念日などの贈り物に最適です。

 

さらに、胡蝶蘭を贈ることは「相手の今後の幸せを祈る」という意味合いを持つとされ、卒業式や成人式といった新しい門出の記念日にも向いています。

 

また、定番の贈り物の胡蝶蘭でも、花束であればあまり他の人のお祝いと被ることもありません。

 

お見舞いのお花として

胡蝶蘭は、花粉やニオイの心配が少ないため、お見舞いのお花としても適しています。

 

ただお花の鉢植えは、根付くが寝付くを連想させるという理由からマナー違反とされているため、お見舞いの際に贈ってはいけません。

 

そのため、お見舞いに胡蝶蘭を送る際は花束が適しています。

 

鑑賞することで元気をもらえるような黄色やピンクの華やかな胡蝶蘭を贈ると、病室での生活の中でも心の癒しとなってくれるでしょう。

 

式典や節目のお祝いに

胡蝶蘭の花束は、その高級感から場を華やかな雰囲気にすることができます。

 

そのため、式典や節目のお祝いの際に花束を渡すシーンがある場合にも、胡蝶蘭の花束はおすすめです。

 

縁起が良く手入れが簡単で美しい胡蝶蘭の花束は、お世話になってきた方のお祝いの席などでも、喜ばれる贈り物です。

 

胡蝶蘭の花束を贈る際のマナー

女性に花束を渡したい男性

お菓子や小物などと違って、お花は手入れが必要な贈り物です。

 

胡蝶蘭の花束は、他の花よりも比較的手入れが簡単で花粉や香りは少ないですが、それでも贈る際に気を付けるべきことがあります。

 

相手の環境に配慮する

まず最初に、花束を贈る相手の環境について配慮が必要です。

 

お花に触れることが少ないという方は、自宅に花瓶がない場合も多いですし、胡蝶蘭をどう扱えばいいのかがわからない可能性があります。

 

せっかくお祝いの気持ちで送った胡蝶蘭の花束が、かえって迷惑になってしまう事は避けたいところ。

 

独身の男性や高齢の男性に贈る際には、花瓶への移し替えがいらないようなフラワーアレジメントであったりプリザーブドフラワーを選んだ方が賢明でしょう。

 

色に気を付ける

お見舞いの際に胡蝶蘭の花束はオススメであると記述しましたが、色に注意する必要があります。

 

胡蝶蘭はお祝いの場だけではなくお供えの花として用いられることも多く、特に白い胡蝶蘭はお供えのイメージが強いため、お見舞いの贈り物としては避けた方が無難です。

 

胡蝶蘭の花束を贈る際に確認しておくこと

白い雛菊

様々な場面で、贈り物として優れている胡蝶蘭の花束ですが、贈る際には確認が必要なケースもあります。

 

持ち込みが可能かどうか

お見舞いに白以外の胡蝶蘭の花束がオススメであると紹介しましたが、さらに気をつけなければいけない注意点として、病院や介護施設などは生花を持ち込むことを禁止している場合があります。

 

胡蝶蘭は基本的に花粉やニオイの心配がいらない衛生的な花ですが、感染症を防ぐために生花を全面的に禁止している施設もあるのです。

 

当然、その場合は花束を持ち込んではいけません。

 

また、持ち込みが許可されていても、病室に花瓶を用意できない場合や、水の入れ替えなどの手入れが出来ない場合があります。

 

それらの確認を怠って花束を持ち込んでしまうと、逆に迷惑になってしまうかもしれません。

 

持ち帰りやすいような配慮を

胡蝶蘭の花束を渡した時は喜んでもらえても、持ち帰りの際に邪魔になってしまって、余計な手間をかけてしまうかもしれません。

 

バスや電車での移動がある場合には、持ち帰りやすいように紙袋などを用意しておくと親切でしょう。

事前に花束を購入するお店に伝えておけば、大体の場合紙袋も用意してもらえます。

 

\ラッピング・立札無料の人気胡蝶蘭/

胡蝶蘭バナー

 

胡蝶蘭の花束をオーダー注文で作ってもらう際のポイント

ピンクのバラの花束

胡蝶蘭の花束をオーダー注文で作ってもらう際には、いくつかポイントを押さえて伝えておくといい事柄があります。

 

必要な情報を伝えることで、贈り相手や場面に合った花束を用意することができるでしょう。

 

贈るシーンについて

予算だけしか伝えていなかったとしたら、お店の方は花束を贈る場面が分からないまま花束を作ることになります。

 

お祝いなのか、それともお見舞いなのか、フォーマルな場面か、それともカジュアルな場面かなどによって、組み合わせる花材やラッピングの色は変わるのです。

 

しっかりと花束を渡す場面まで説明しておくことで、状況に適した花束を作ってもらえます。

 

メインカラーについて

花束の色を任せることもできますが、自分の中で贈りたい花束の色合いのイメージがある場合はしっかりと伝えておきましょう。

 

贈る相手の好みや、適した花言葉、伝えたいメッセージなどによってそれぞれ適した色があります。

 

それぞれ参考に、色ごとのイメージについても解説します。

 

赤系

豪華で力強いイメージ。勝負をかけたお祝いや還暦祝いなどにおすすめです。

ピンク系  優しく、可愛らしいイメージ。贈る相手を選びません。
オレンジ系 ビタミンカラーで明るいイメージ。お見舞いなどにも使えます。
白系 清楚で優しいイメージ。結婚式や大切な日だけでなく、お悔やみの際も使えます。
紫系 優雅で高貴なイメージ。古希祝いなどに適しています。

 

贈る相手について

花屋さんも、贈る相手がどのような方なのかという情報があった方が、イメージに合った花束を作りやすいでしょう。

 

そのため、贈りたい相手の性別やおおまかな年齢、間柄や性格などについても伝えることをおすすめします。

 

>>胡蝶蘭の通販サイトについて詳しくはこちら

 

もらった胡蝶蘭を長持ちさせる方法

青とピンクのヒヤシンスの切り花
 

自分が胡蝶蘭を貰った場合、出来るだけ長く楽しむために適切な世話をしてあげたいところです。

 

そこで、長持ちさせるための方法について解説します。

 

水揚げをしてから生ける

胡蝶蘭の花束を花瓶に移す際には、水揚げという作業を挟むことが重要になります。

 

水揚げとは、お花が効率的に水を吸い上げられるようにするために必要な処理です。

 

水揚げの方法

 

水揚げの方法にはいくつかありますが、一番基本的な方法は水切りといいます。

 

水の中で茎を斜めに切るという方法ですが、清潔なハサミを用いて出来る限り鋭角に切ることがポイントです。

 

ただ、水切りは茎が固い胡蝶蘭には難しいため、一番有効といわれているのは燃焼法と呼ばれる水揚げ方法です。

 

ガスバーナーやコンロで茎の切り口を焼く方法で、このひと手間によって殺菌効果が得られるうえ、水をよく吸うようになり長持ちします。

 

必要なものは、水の入る深さのある容器(バケツ等)、ライターやガスバーナーといった火をつけるもの、濡らした新聞紙、清潔に消毒したハサミやカッターです。

 

具体的な燃焼法のやり方について解説します。

 

1.茎と花を濡らした新聞紙で巻いてください

 

熱と炎から花を守るため、濡らした新聞紙で花から茎まで巻きます。
切り口は焼くので10cmから15cmほど茎を出します。

 

2.切り口を斜めに切ってください

 

水に触れる面積を広くするため、斜めに鋭角になるよう切ります。

 

3.切り口から1cm~2cm程度の部分を炭になるまで焼いてください

 

4.焼きおわったら新聞紙を外し、水を張った容器に入れる

 

5.数時間待った後、炭化した部分も斜めに切り、新しい水に入れて完了

 

 しっかり換気をし、やけどや燃え移りに気を付けて作業してください。

 

また、作業の際にお花の中心部に触ってしまうとお花が傷ついてしまうので注意が必要です。

 

水揚げが必要な理由

 

本来は地面から根を使って水分を吸いますが、切り花は根がないため茎の切り口から吸わなければいけない状態です。

 

長時間持ち歩いていると茎がしんなりとしてしまい、水を吸うことができなくなります。

 

きちんと水を吸い上げられるようにするために、茎を切る作業が必要になるのです。

 

毎日水を交換する

胡蝶蘭を活けた花瓶の水は、毎日交換した方がお花が長持ちします。

 

なぜなら、水が汚れてしまうと、雑菌の繁殖によって切り花が傷んでしまうためです。

 

切り花延命剤を使う

綺麗な胡蝶蘭を長く鑑賞するためには、切り花の延命剤を使うことがおすすめです。

 

切り花延命剤を使うことで、水を殺菌する効果とお花に栄養を与える効果が見込まれます。

 

延命剤を使った場合には、水は2、3日は清潔な状態を保ってくれるようです。

 

また、多く使えばそれだけ長持ちするというものでもないので、決められた濃度を守って使ってください。

 

まとめ

ピンクの胡蝶蘭

贈り物の定番である胡蝶蘭ですが、花束という形はやや珍しいものです。

 

もちろん花束の胡蝶蘭も可愛らしく喜ばれるプレゼントですが、鉢植えの胡蝶蘭もおすすめです。

 

\ご依頼はこちらのバナーから/

胡蝶蘭バナー

 

花もちの良さや植え替えの手間も無いので、長く胡蝶蘭を楽しんでもらうことができます!

 

オフィスギフトは、これまで7,000社以上のお客様にご利用いただいており、中でも高品質で低価格な胡蝶蘭はとても人気です。

 

ラッピングや立札、メッセージカードも無料でお付けできますので、ぜひご利用ください!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オフィスギフトの豊富なプランを見る

  • 3000円プラン
  • 5000円プラン
  • 1万円プラン
  • 3万円プラン
  • 5万円プラン
  • 10万円プラン
  • 12万円プラン
  • ハイクラスプラン
  • プレミアムセット
  • 胡蝶蘭・観葉植物
  • ギフトマナー講座
  • ギフトコラム
  • LINEでギフトをすぐ贈る!
  • ご利用ガイド
  • よくある質問