【お歳暮のお礼状】書き方のマナーと気の利いた文例《10選》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

お歳暮 お礼状アイキャッチ画像

お歳暮が届いたら、本来はお礼状をお送りするのが正式なマナーです。

親しい相手には「○○が届きました。ありがとう!」と電話やメールでお礼の気持ちを伝えてもかまいませんが、ビジネス相手や目上の方には、お礼状を送るとよいでしょう。

本記事では、お歳暮のお礼状の書き方やマナー、文例をご紹介します。
・ビジネス相手
・個人
・はがきや手紙
・メール

など、関係性やお礼状の種類別にすぐに使えるテンプレートをぜひお役立てください!

 

目次

 

1.お歳暮のお礼状の書き方とマナー

お歳暮のお礼状は、どのように書けばいいのでしょうか。

ここではまず、送る時期や手紙の形式、内容など基本的なマナーについて分かりやすく解説します。

 

時期:なるべく早く(遅くとも3日以内に)

お礼状は、お歳暮の品を受け取ってから3日以内に送りましょう。

送るのが遅くなってしまったら、お詫びの文章を添えて送るのがマナーです。

お礼状は年賀状とは分けるものですが、お歳暮の品が年末に届いた場合は、年賀状と兼ねてはいけません。

お歳暮の時期には、いつでも対応できるように、気に入った柄の封筒や手紙、ハガキを準備しておくといいですね。

 

形式:封書(縦書き)で送りましょう

お歳暮のお礼状は、封書で送り、縦書きで書きます。

かしこまらなくてもいい相手の場合は、はがきメールでも問題ありません。

 

はがき・手紙

誰に対してもOK。
最もフォーマルな形式。

メール

身内や友人・知人、親しいビジネス関係の人に対して。
まずお礼を伝えたい場合に◎。ただし、忙しい人には電話以外の方法で。

電話

身内や友人・知人などの親しい人に対して。
ただし、 親しいビジネス関係の人で、いただいたことをすぐに報告してお礼を言いたい場合はメールでもOK。

 

内容:受け取った報告とお礼をしっかり伝えて!

お礼状の目的は、お歳暮の品を受け取った報告とお礼の気持ちを伝えることです。

「本日○○を受け取りました」などの到着の報告は、必ず書くようにしてください。

「さっそく美味しく頂きました」「家族全員の大好物です」などの具体的な表現を加えることで、より喜びの気持ちが伝わります。

下記に紹介している「お礼状の流れ」をもとに、自分の言葉でお礼の気持ちを書き添えていきましょう。

【お礼状の流れ】

1 頭語(拝啓・謹啓など)

2 時節のあいさつ

3 お歳暮の品へのお礼の言葉

4 相手の健康を気遣う言葉

5 結語(敬具・敬白など)

※4は、2の後でもかまいません。

※結語の前に今後の良きお付き合いを願う気持ちを加えると、より丁寧なお礼状になります。

 

お歳暮のお礼状で注意が必要なケース

ケース1:出すのが遅くなった場合

「お礼が遅くなり失礼しました」など、必ずお詫びの言葉を添えてください。

ケース2:代筆する場合

家族宛てのお歳暮のお礼状を代筆する場合、「本人(主人、父など)もお礼を申しております」と、本人の感謝の気持ちを表す言葉を必ず書き添えましょう。

※代筆の場合のお礼状の差出人は本人の名前にしてください。

本人の名前の横に「代筆 ○○」あるいは「代 ○○」と代筆者の名前を書きます。

代筆者が妻の場合は「内 ○○」としてもかまいません。

 

お歳暮にはお返しが必要?

お歳暮にお返しは必要ありません。

どうしても何かお礼を贈りたい場合は、同じように「お歳暮」を贈るか、「お年賀」「寒中見舞い」を贈るという方法もあります。

お歳暮のお返しについて詳しく知りたい方はこちら

 

2.相手別!今すぐ使えるお礼状文例《10選》

お礼状のマナーや内容について理解できたところで、ここからは、贈る相手別に実際に使えるお礼状の文例をご紹介します。

お礼状作成に悩んだときや、困ったときに、活用してください。

ビジネス関係の相手の場合

【会社宛て(手紙で送る場合)】

※手紙で出す場合、宛先は文章を挟んで左上に、差出人は右下に書きます。

平成  年  月  日

○○株式会社

代表取締役 ○○○○様

拝啓 師走の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度は結構なお品をご恵贈いただき、ありがたく拝受いたしました。

弊社は皆様のご厚志にお応えすべく努力してまいりますので、今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。

略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。

敬具

【個人宛て(はがきで送る場合)】

※はがき(横書き)でお送りする場合、差出人は文章の右下に、宛名は最後列に左寄せで書きます。

○○ ○○様

拝啓 初冬の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は結構なお品をお贈りいただき、誠に有難く存じます。

○○︎様には日頃より何かとお力添えをいただき、心より感謝しております。

今後とも何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

これから寒さも本格的になります。どうぞご自愛くださいませ。

まずは書中をもちましてお礼申し上げます。

敬具
 
○○︎株式会社
代表取締役 ○○○○

【メールで送る場合】

<件名>お歳暮の御礼

<以下本文>

株式会社○○
○○ ○○様

拝啓 師走の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、この度はお歳暮の品をお贈りいただき、誠にありがとうございます。

○○︎様には日頃より何かとお心づかいをいただき、心より感謝しております。

これから寒さも本格的になりますので、どうぞご自愛くださいませ。

取り急ぎ、メールにて御礼申し上げます。

敬具
 
株式会社○○︎
(役職と名前)○○○○
 

友人・知人・身内の場合

【知人宛て】

拝啓 寒さ厳しき折、○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

この度は、大変めずらしいお品をいただき、ありがとうございました。

早速家族揃っていただきましたが、本場の味はやはり格別の美味しさで、幸せな時間を過ごさせていただきました。

お心遣い感謝いたします。

とりいそぎ、書面にてお礼申し上げます。

敬具

【友人宛て】

前略 寒さも厳しくなってきましたが、変わりなくお過ごしですか。

本日、○○百貨店から地ビールの詰め合わせが届きました。

お酒好きの主人と二人、毎晩楽しませていただいています。

本当にありがとう!

年末で忙しい日々が続くと思いますが、体調にはくれぐれも気をつけて、良いお年を迎えてくださいね。

とりあえず、お礼まで。

早々

【夫の両親へ】

前略 寒さも一段と厳しくなってまいりましたが、お父様お母様ともにお元気でお過ごしでしょうか。

さて、この度は私どもの大好物をお送りいただき、ありがとうございました。

家族で争うようにして、いただいております。

いつもながらのお気遣いに、主人ともども心から感謝しております。

くれぐれもご自愛され、お元気で新春をお迎えください。

早々

【自分の両親へ】

お父さんお母さんお元気ですか。

先日は洗剤セットを送ってくれて、ありがとうございました。

子ども達2人はやんちゃ盛りなので、本当に助かります。

ありがたく使わせていただきます。

これからが寒さも本番、お父さんもお母さんも体調には気をつけてね。

お正月に会えるのを楽しみにしています。

お歳暮をお断りしたい場合

【職種や業務内容により品物の受け取りが禁止されており、やむなく返送する場合】

拝啓 師走の候、貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。

またこの度は、結構なお品をお送りいただき、心より御礼申し上げます。

せっかくのお心遣いですが、当社ではお取引先様からの贈り物はご辞退させていただいております。

甚だ勝手ではございますが、お送りいただいた品は別便にて返送させていただきました。

誠に申し訳ございませんが、何卒主旨をご理解の上ご了承賜りたくお願い申し上げます。

略儀ながら、返送のご連絡とお詫びを申し上げます。

敬具

【今回は受け取り、今後はご遠慮したい旨を伝える場合】

拝啓 初冬の候、御社におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは結構なお品をお送りいただき、誠にありがとうございました。

今回は有難く拝受させていただきますが、今後はこのようなお気遣いはされませんよう何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

末筆となりましたが、御社のご繁栄をお祈りし、お礼とお願いを申し上げます。

敬具

代筆する場合

【妻が代筆し、夫の部下へ送る場合】

拝啓 ○○様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは結構なお品をお送りいただ、ありがとうございました。

御芳志のほど厚くお礼申し上げるとともに、いつもながらのお気遣いに主人共々感謝しております。

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。

略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます。

敬具
 ○○○○(夫の氏名)
内 ●●(妻の名前)

お歳暮のお礼をお礼状として出すことは、現代の忙しい私たちにとって、なかなか難しいかもしれませんが、ほんの少し手間暇をかけることで、相手との関係がグッと近く深くなれそうですね。

今回の記事を活用し、お礼状を書いてみてはいかがでしょうか。

 

お礼状と併せてお返しの品を贈るならオフィスギフトの「お歳暮ギフト」

お礼状と併せてお返しの品物を贈りたい場合、どんなものを贈ればいいか悩む方も多いのではないでしょうか?

せっかくならば、受け取った相手が喜んでくれるような贈り物おをしたいですよね。

 

そこでおすすめなのが「カタログギフト」です。

 

最新のアンケート調査では、「お歳暮にカタログギフトをもらうことについてどう思いますか?」という質問に対して、約8割が「嬉しい」「とても嬉しい」と回答しました。

 

お歳暮にカタログギフトをもらうことをどう思いますか円グラフ

(2022年11月4日~11月7日に行ったインターネット調査結果

 

「相手の好みでないものや、いらないものを贈って困らせてしまったらどうしよう……」という悩みをカタログギフトは解決してくれるので、お歳暮にもぴったりです。

 

法人ギフトサービスNo.1オフィスギフトのお歳暮ギフト、お歳暮に定番の高級グルメのほか、実用的な家電や流行雑貨まで数多く揃えています。

 

お歳暮バナー

 

・送料無料
・ラッピング・のし無料
・メッセージカード無料
・最短即日発送対応

 

ギフトラッピング画像

 

メッセージカードやラッピング、のしも無料でお付けできるほか、送料無料でご利用いただけます。

オフィスギフトのカタログギフトは、これまで7,000社以上の法人様にご利用いただいている実績があり、大切な取引先から身近な方への贈り物まで安心して贈っていただくことができます。

 

お歳暮ギフトの詳細はこちら

 

 
ギフトコンシェルジュ

監修者
ギフトコンシェルジュ:冨田 仁

喜ばれるギフトを提案する専門ECサイトを5店舗経営。「お祝い」「感謝」「応援」「お礼」…さまざまな心と心の繋がりを代弁する贈り物文化に魅了され、カタログギフトのプロデュースを行う。“自己満足に終わらないプレゼント”の選定を得意とし、これまで10,000件以上のギフトの依頼を受けている。

プランや贈り方についてお悩みの場合は、ギフトコンシェルジュに直接ご相談可能です。大切な取引先へのお歳暮で失敗しないため、お気軽にお問い合わせください!

<お問い合わせ先>
お問い合わせフォーム:https://www.officegift.jp/contact/
お電話受付:0120-666-937
10:00 ~ 17:00(土日祝・お盆・年末年始除く)

 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

オフィスギフトの豊富なプランを見る

  • 3000円プラン
  • 5000円プラン
  • 1万円プラン
  • 3万円プラン
  • 5万円プラン
  • 10万円プラン
  • 12万円プラン
  • ハイクラスプラン
  • プレミアムセット
  • 胡蝶蘭・観葉植物
  • ギフトマナー講座
  • ギフトコラム
  • LINEでギフトをすぐ贈る!
  • ご利用ガイド
  • よくある質問