女性への退職祝いを贈る際のマナーは?避けるべきプレゼントはある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性への退職祝いを贈る際のマナーは?避けるべきプレゼントはある?

数あるオフィスギフトの中でも、特に贈る機会が多い退職祝い。今日では、キャリアアップや独立に向けた退職が一般的となっているため、贈る相手は定年退職者に限りません。いずれにせよ、退職は人生の節目となる重要なシーン。それに伴うお祝いのプレゼント選びは、できるだけ慎重にしたいところです。

 

女性は受け取ったプレゼントに対してシビアな一面もあるため、選び方を一方間違えると、大きなイメージダウンに繋がってしまう可能性もあります。

今回は、女性社員へ退職祝いを贈る際に気をつけたいマナーについてご紹介いたします。


今のトレンド > 最適な贈り物ランキングはこちら


 

 

■女性への退職祝いの相場はどのくらい?

■女性への退職祝いの相場はどのくらい?

基本的に、男女間で退職祝いの相場が変わることはありません。しかし、プレゼントの値段に敏感な女性も多いので、退職祝いの適切な相場感は、最低でも把握しておいたほうが良いでしょう。それでは、適切な退職祝いの相場を関係性別にチェックしましょう。

 

 

・同僚への退職祝いの相場は?

 

立場の近い同僚へ贈る退職祝いの相場は5,000円程度です。どれだけ親しい間柄であっても、あまり高価なプレゼントは、相手を困らせてしまう可能性があります。できるだけ避けた方が良いでしょう。

 

・上司への退職祝いの相場は?

 

女性の上司に贈る退職祝いは、会社の規模や立場によって相場が変わるもの。一般的には5,000~10,000円程度が相場です。なお、上司への退職祝いは、ほかの同僚と連名で贈るケースが多く、そうなった場合の費用は一人あたりの3,000~5,000円程度。特別お世話になった上司ならば、予算を上乗せするよりも、手紙やちょっとしたメッセージカードを添えたほうが喜ばれるようです。

 

・部下への退職祝いの相場は?

 

意外かもしれませんが、女性部下に贈る退職祝いの相場は10,000~30,000円程度です。また個人で贈るよりも連名で退職祝いを贈ることが多いようです。

 

個人で贈る場合も相場は同じです。こちらの立場や相手との距離感に合わせて予算を決めましょう。上司からのプレゼントとなると、誰でも気をつかってしまうため、金額が相場よりも増える場合はさりげなく渡したり、受け取りやすいシチュエーション作りを意識してください。

 

 




■女性への退職祝いのマナーは?退職理由によって異なる?

女性への退職祝いのマナーは?退職理由によって異なる?

それでは、女性への退職祝いで失敗しないための、具体的なマナーをチェックしておきましょう。なお、退職理由によって必要となるマナーが異なります。その点を意識しながら読み進めていってください。

 

・キャリアアップや独立のための退職

 

この場合、退職は当人にとって「終わり」ではなく「スタート」となります。もちろん、これまでの感謝を伝えるのは大切ですが、「労い」を強く意識させるようなお祝いはNGです。

それよりも、今後の活躍や幸運を祈ることを意識したお祝いの品を用意しましょう。次のキャリアにおいて役立つステーショナリー等の実用品や、新しいスタートにふさわしい縁起物が喜ばれる傾向にあります。

 

・定年退職の場合

 

男性の場合、定年退職のお祝いに「長寿」を連想させる縁起物を送るケースがあります。しかし、これを女性に対して行うと失礼にあたるのです。女性にとって年齢はデリケートな問題ですので、避けるようにしてください。

 

縁起物を贈る場合は、長寿や健康ではなく、金色の小物や四つ葉のクローバーをモチーフにしたアイテムなど「幸運」を連想させるものがおすすめ。このようなアイテムであれば、相手に不快な想いをさせる心配はありません。このほか、高級なティーセットなど、セカンドライフを充実させるアイテムも人気です。趣味を持っている方であれば、それに合わせたプレゼントも検討してみましょう。

 



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事