《意外と知られていない?》気になる胡蝶蘭の歴史を探ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《意外と知られていない?》胡蝶蘭の歴史を探ってみる

胡蝶蘭は開業や移転祝い、昇進祝いなどの贈答品として広く知られていますが、そもそも胡蝶蘭という品種は日本固有のものなのでしょうか?

実は海外から持ち込まれたお花である事をあなたはご存知ですか。

ではいつ、どこから持ち込まれたでしょうか?
今回はそんな胡蝶蘭の意外と知られていない歴史を探ってみることにしましょう!

 
外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次

 

おすすめ > 品質とスピード・実績に定評がある胡蝶蘭はこちら

胡蝶蘭の発祥はどこ?

胡蝶蘭の発祥はどこ?

胡蝶蘭の原種は19世紀前半、熱帯の東南アジアで発見されました。その背景には19世紀にヨーロッパで巻き起きた蘭の大ブームが影響しています。

ブームのきっかけは、南米からイギリスに偶然持ち込まれた「カトレア」と呼ばれる蘭でした。南米から持ち込まれた荷物に偶然紛れ込んでいたカトレアの株が開花し、その神秘的で魅惑な色と形が、王侯貴族や富裕階級の人々を虜にして行きました。

彼らはもっと珍しい蘭や、まだ見たこともないような蘭を求め、「オーキッドハンター(蘭専門のハンター)」と呼ばれる人々を高額で雇い、世界各地に派遣させました。

報奨金目当てにハンター達は、命がけで世界を航行しました。そして東南アジアの熱帯ジャングルを掻き分けた結果、胡蝶蘭の原種が発見されたのでした。

ハンター達によってイギリスに持ち込まれた事が発祥とされ、羽を広げた蛾のような花弁を持つことから、ギリシャ語で「蛾のような」を意味する「ファレノプシス」という学名が付けられました。

当時は私達が目にするような、純白の花弁であった訳ではなく、品種改良によってその姿を変貌させ、世界各地に輸出されるようになりました。

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

日本への伝来は明治時代

日本への伝来は明治時代

胡蝶蘭が初めて日本に伝来したのは明治時代。蝶のような美しい花の姿から「胡蝶蘭」と呼ばれるようになりました。

当時はまだ栽培環境が整っておらず、栽培が非常に難しかったので、胡蝶蘭を積極的に扱う農家はごく少数でした。そのため非常に高価で、貴族などの裕福な人々だけが観賞できる嗜好品だったのです。庶民の間では、胡蝶蘭の存在すら知らないという人も少なくありませんでした。それでは、いつから胡蝶蘭は私達の身近な存在になって行ったのでしょうか?

 

オフィスギフトの胡蝶蘭

日本の胡蝶蘭が身近になるまで

日本の胡蝶蘭が身近になるまで

◆高嶺の花から身近な贈り物へ
熱帯の植物である胡蝶蘭は寒さに弱く、温帯である日本の気候では栽培が非常に困難でした。しかし明治時代末期になり、寒さに弱い植物の栽培には不可欠な温室が普及して行った為、胡蝶蘭栽培が可能になっていきました。

温室の普及により栽培農家数や国内生産量が飛躍的に増加した為、市場に安定供給できるほどまでになりました。そのため胡蝶蘭は一般市民でも手が届く価格まで安くなり、より身近な存在へと変化していったのです。

 

◆現在の栽培技術
先人の苦労が実を結び現在では、温帯の日本でも一年中、季節を選ばずに胡蝶蘭を手に入れることができるようになりました。栽培技術が向上することで、国内でも品種改良が盛んに行われるようになりました。日本独自の品種も生み出され、ピンク色の花、まだら模様が入った点花、網目模様が入った筋花といった品種も市場に広がるようになりました。

その品質は国内だけではなく、海外からも注目され、2014年にドバイで開催されたガーデニングコンテストでは、15万円もの値を付ける程でした。日本の栽培技術が世界で認められたということになりますね。

 

おすすめ > 人気の胡蝶蘭、美しい胡蝶蘭はこちら

 


歴史を知ることで、胡蝶蘭に対する印象が変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。私達が普段目にする胡蝶蘭には様々な歴史が折り重なっているんです。

今回は意外と知られていない胡蝶蘭の歴史について探ってみました。胡蝶蘭を贈る際、このような歴史を知っていると会話が広がって話も弾むかもしれませんね。

これを機会に、歴史が詰まった高品質の胡蝶蘭を、あなたの大切な方へプレゼントしてみてはいかがでしょうか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事