胡蝶蘭を枯らさない為のベストな水やりとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胡蝶蘭を枯らさない為のベストな水やりとは?

胡蝶蘭は他のお花と違って、

よく世話をする人ほど枯れてしまうお花。
逆に世話をさぼってしまう人ほど長持ちするお花。


なんて言われたりしています。でもなんででしょうか?
そのカギは胡蝶蘭の水やりにあるんです!
今回はそんな「胡蝶蘭を枯らさない為にベストな水やり」をご紹介いたします。


外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次

よく使われる胡蝶蘭はこちら

胡蝶蘭を枯らさない水やり方法

胡蝶蘭を枯らさない水やり方法


まずは、胡蝶蘭の特徴をご紹介いたします。

 

胡蝶蘭が植えられている培養土(土)は、一般の鉢植えのお花などよりも保水性の良いものが使われていることが多いです。また、胡蝶蘭の根も水分は最低限しか吸わず、水をやらなくて枯れる場合より、水のやり過ぎにより根腐れが起こり枯れることが多いのが胡蝶蘭の特徴です。

そもそも胡蝶蘭は東南アジア原産で、雨がたくさん降る雨季に葉を成長させます。そして乾季に変わるときに花を咲かせるお花なんです。

みなさんのお手元に胡蝶蘭がある場合は、胡蝶蘭からみれば雨季から乾季になり花を咲かせた状態と言えます。

その事を踏まえるとお手元にある状態の胡蝶蘭にはあまり水やりが必要ありません。

 

◆季節ごとの「水やり」方法

胡蝶蘭は基本的にあまり頻繁に水やりを行わない方がよいことは理解していただけましたでしょうか。
ここからは、具体的に胡蝶蘭を枯らさない為のポイントを「季節ごと」にご紹介いたします。

 

【春の胡蝶蘭の水やり方法(3月、4月、5月)】

春の胡蝶蘭の水やり方法

水やりの目安 10日に1度くらい
水やりを行う時間 朝から日中
[要注意]夜間の水やりは、急激に冷え込む日もあるので避けてください。
水の量 1株あたり500mlが目安
水をあげる場所 胡蝶蘭の根元
その他 花への霧吹きは不要

 

【夏の胡蝶蘭の水やり方法(6月、7月、8月)】

夏の胡蝶蘭の水やり方法

水やりの目安 1週間に1度くらい
水やりを行う時間 朝から日中(夜間も大丈夫)
[要注意]梅雨時の水やりは不要です。
水の量 1株あたり500mlが目安
水をあげる場所 胡蝶蘭の根元
その他 花への霧吹きは不要

 

【秋の胡蝶蘭の水やり方法(9月、10月、11月)】

秋の胡蝶蘭の水やり方法

水やりの目安 3週間に1度くらい
水やりを行う時間 朝から日中
[要注意]夜間の水やりは、避けてください。
水の量 1株あたり200mlが目安
水をあげる場所 胡蝶蘭の根元
その他 花への霧吹きは不要

 

【冬の胡蝶蘭の水やり方法(12月、1月、2月)】

冬の胡蝶蘭の水やり方法

水やりの目安 4週間に1度
水やりを行う時間 午前中(ぬるま湯を与えてください)
[要注意]夜間の水やりは、急激に冷え込む日もあるので避けてください。
水の量 1株あたり200mlが目安
水をあげる場所 胡蝶蘭の根元
その他 60%以上の湿度を保てれば、水やりは不要

 

●大切な方へ最高の胡蝶蘭を!《高品質で低価格な胡蝶蘭》●

 

胡蝶蘭の水やりで注意すること

胡蝶蘭の水やりで注意すること


ラッピングに注意!

水のやり過ぎによる根腐れで胡蝶蘭が弱ってしまうことは先ほどご紹介させていただきました。

贈り物として胡蝶蘭をいただくとラッピングが施されている場合が多く、実は鉢に湿気がすごくたまりやすい状態なんです。
胡蝶蘭を元気に保つためには、すぐにでもラッピングを外してあげたほうが良いです。しかし実際はなかなか難しいのが現実…そんな方は、ラッピングの底をくり抜いて鉢の外に水が出るようにしてあげると、そのままラッピングをしている状態よりも胡蝶蘭を長持ちさせられるんです。それでも長い期間ラッピングが施されている状態は湿気がたまりやすいのでできるだけ早くラッピングをはずしてあげると胡蝶蘭が喜びます。

 

●ひとつずつ丁寧に栽培中!《高品質で低価格な胡蝶蘭》のお店はコチラ●

 


今回ご紹介した「胡蝶蘭を枯らさない為のベストな水やりとは?」いかがでしたか。

胡蝶蘭を元気で長持ちさせる為には、今の季節の気温や湿度に対応することが大切なんですね。

基本は「あまり水はやり過ぎない」「寒さから避ける」この2点を抑えれば、意外と胡蝶蘭と長く付き合うのも難しいものではありません。

きれいに咲いてくれている胡蝶蘭を枯らさないためにも適切なお水の管理をしていきましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事