【知らなかった!】贈り物に込められた意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【知らなかった!】贈り物に込められた意味

誰かを思い誰かに贈り物をする時、楽しい瞬間ですよね。でも大切な方への贈り物だからこそ、何を選んでいいのか悩んでしまうものですよね。

今回は贈り物選びの基準として見過ごされがちな、贈り物そのものの意味やマナーをご紹介いたします。

知らずに贈ってしまうと失礼にあたることもあるマナーもありますので、最後までお読みいただけると幸いです。


外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次



お祝いのマナーとは

お祝いのマナーとは

【そもそもマナーとは?】

そもそもマナーとは、「礼儀」「礼儀作法」「態度」と言った意味がある言葉です。
また、社会全体の雰囲気を形にしたものとして捉えて使われる事が多いです。そして、「マナー」とは、公共に対する気遣いと解釈することもできます。個人の立ち居振る舞いとも言えます。

つまり、常識のある行動をとることは、マナーに沿った行動と言い換えられます。

続いては、贈り物ごとの意味やマナーをご紹介いたします。

 

●マナーに沿ったお祝いが贈れる!《オフィスギフト》はこちら●

 

贈り物の意味やマナー

贈り物の意味やマナー

【ファッションや雑貨】

ファッションや雑貨

 

◆ハンカチ
おその使い道から涙を拭うイメージで「別れ」を連想させます。
また漢字で書くと「手巾」と書き「てぎれ」と読むことから手切れや縁を切ると連想させる事がありますので、贈るシーンにはご注意ください。

 

◆ネクタイ
男性への贈り物とし選ばれる事の多いネクタイ。サイズを気にする必要が無く、色や柄も豊富で贈りやすいという事で選ばれています。
贈り物としてのネクタイの意味は、女性から男性への贈り物ですと「あなたに首ったけ」という意味があり、意中の方への贈り物にベストです。

 

◆靴、靴下
足元で使用されることから「踏みつける」「見下す」といった意味を持ちます。
年配の方や目上の方へ贈る際は、気にされる方もいますので注意が必要です。

 

◆時計
男性から女性へ贈る場合は「あなたと同じ時を刻みたい」「あなたと一緒に過ごしたい」といった相手への好意を示す意味を持ちます。
また、女性から男性へ贈る場合は「あなたの時間を束縛したい」という意味を持ちます。親しい方への贈り物には適しますが、そうでない関係の方へは適切ではありませんのでご注意ください。

親御さんからお子さんへ贈る場合は「今よりも頑張って!」と応援の意味合いを持ちます。

時計は、目上の方への贈り物として失礼にあたりますので、控えたほうが良いです。

 

◆カバン、名刺・定期入れ
「仕事で使う物」には「勤勉、もっと勉強しなさい」という意味が込められています。
お子さんや年下の方への就職祝い等には最適ですが、上司や目上の方へ贈ると失礼になりますので控えたほうが良いです。

 

【アクセサリー】

アクセサリー

 

◆ネックレス、ブレスレット、指輪
アクセサリーとしては定番の贈り物です。意味としては「独占」や「繋ぎ止めたい」になります。輪の形になっていることと、身に付けると他人への目印になることが由来とされています。

 

◆香水
身に付けるものの中でも強く印象に残る香りは、「あなたともっと親密になりたい」という意味を持ちます。

 


ネクタイを固定という特徴から「あなたを見守っている」「あなたは私のもの」という意味になります。

 

【その他】

アクセサリー

 

◆陶器・食器
一般的には「割れる」ことから仲が壊れるとされ、結婚祝いなど縁に関わるお祝いごとにはタブーとされています。

しかし、近年ではたくさんに割れて数が増えることになぞらえて子孫繁栄などプラスの意味で幅広いお祝いのシーンで選ばれています。

 

◆櫛(くし)
言葉の響きから「苦」や「死」を連想させるものとして、贈り物に相応しくないとされています。また、櫛は歯が欠けることもあるので避ける方が無難です。

 

◆刃物(ハサミ)
刃物の特徴の「切る」と言うことから「縁を切る」といった意味とされています。ただ、最近では「未来を切り開く」というプラスのイメージで使われる事があります。

 

◆文房具
その意味は「より勤勉に」「もっと勉強してくださいね」というものになります。実用的で贈る機会も多い文房具やステーショナリーグッズですが、目上の方への贈り物としては失礼に当たるので避けましょう。

 

◆お箸
人と人を結びつける「橋渡し(箸渡し)」という意味があります。しかし、お年寄りの方にお箸を贈る場合は「三途の川に橋を掛けて早くあの世に行きなさい」という意味になり、縁起が悪いとされています。
贈る方によって意味が変わりますので、ご注意ください。

 

◆鉢植え
鉢植えは「根付く」という特徴から「寝付く」と解釈され、お見舞いの贈り物として相応しくないとされています。
ただ、開業や移転祝いなどの新天地での活躍を応援する場合は、長くその地に根付き幸福がやってきますようにという意味が込められます。

 

◆日本茶
弔事で使われる事が多い日本茶は、お祝いの贈り物には相応しくないとされています。

 

◆火を連想させるもの
火事を連想する物になりますので、贈り物として縁起の良いものではありません。また、お花を贈る場合も火を連想する赤色のお花は避ける方が無難です。

 

●マナーに沿ったお祝いが贈れる!《オフィスギフト》はこちら●

 


いかがだったでしょうか?

「縁起の良い意味」から「縁起の悪い意味」まで、様々な意味を持つ贈り物選び。意外と知らないものもあったのではないでしょうか?

大切な方の更なる幸せを願い、贈り物に込められた意味に託してプレゼントしてみては如何でしょうか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事