【お祝い・ギフト】大人のためのマナー講座

基本のマナー お中元・お歳暮

お中元の基本マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃お世話になっている方へ「感謝の気持ち」を込めて贈るお中元。

礼儀を尽くし、マナーを守って贈りましょう。

「お中元」の基本マナーについて説明します。

絶対に知っておきたいマナーとは?

お中元は、関東・東北は7月上旬に、それ以外の地域は7月下旬から8月中旬にかけて贈ります。

お中元を贈る時期は、送り先の方の住所地に合わせます。

お中元の時期を逃した場合は「暑中見舞い」「残暑見舞い」として贈りましょう。

《→ お中元を贈る時期とは?》

お中元は、「日頃の感謝の気持ち」を込めて贈ります。

送り先の人数、好み、年齢層や健康状態に配慮して贈りましょう。

中には、お中元にふさわしくない品物もあるので、しっかり確認してから贈りましょう。

《→ お中元の贈り物とは?》

お中元の相場は、3,000円から5,000円ですが年齢や関係性で、相場以上の品を贈る場合もあります。

ただし、お中元は毎年贈るもので、年々贈り物が安いものになることは失礼にあたります。

お中元は、1年だけで考えずに今後の予算も配慮して贈りましょう。

《→ お中元の相場とは?》

お中元を贈る場合は、熨斗付き・蝶結びの水引・「御中元」の表書きで贈ります。

お中元の時期を過ぎた場合は、表書きが変わります。

時期による包み方のマナーも覚えて、間違いのない贈り方をしましょう。

《→ お中元の包み方のマナーとは?》

お中元を贈る時、挨拶状も送りましょう。

挨拶状には、添え状と送り状があります。

添え状はお中元に同封する挨拶状です。

送り状はお中元が届く2・3日前に到着日を知らせる挨拶状です。

いずれも相手への「感謝」や「健康の気遣い」を伝えましょう。

《→ お中元の添え状と送り状》

お中元は「日頃の感謝」を形に表すものなので、原則としてお返しは不要です。

しかし、お中元が到着した際には、お礼の手紙または電話で連絡することがマナーです。

どうしてもお返しがしたい場合は、お返しでなく「お中元の贈り合い」の形で贈ります。

《→ お中元にお返しは必要?》

2016年は、【絶対にはずさない】オフィスギフトのお中元を!

オフィスギフトのお中元トップ

お中元プランごとの商品
  • お中元3000円プラン
  • お中元5000円プラン
  • お中元10000円プラン
お中元お問合せ

「お中元・お歳暮」一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所の移転・開店・開院のお祝い・お返しはカタログギフトの「オフィスギフト」

お得で便利な会員登録

  • ポイントを貯めてAmazonギフト券に交換
  • 領収書をPDFでダウンロード可能
  • マイページでギフトの管理が可能
  • スマホで簡単登録!動画メッセージが贈れる

「OfficeGift」会員登録で会員限定サービスが無料でご利用いただけます。

会員登録はこちら

  • 50,000円コースを見る
  • 30,000円コースを見る
  • 10,000円コースを見る