【お祝い・ギフト】大人のためのマナー講座

お返しについて お中元・お歳暮

お中元のお返し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元のお返しについて悩んでいませんか?

お中元はお世話になった人に贈るものなので、原則お返しは不要です。

お中元が届いたら、すぐに電話または手紙でお礼を伝えましょう。

それでもお返しをしたい場合は、どう対応すれば良いのでしょうか?

今回は、「お中元のお返し」について、説明します

目次


お中元のお返し

お中元は本来、お世話になっている方に感謝の気持ちを贈るものなので、お返しは原則不要です。

お中元が届いたら、手紙(お礼状)をしたため、お中元の到着とお礼の気持ちを伝えましょう。
※近しい間柄の相手の場合、電話やメールでお礼を伝えてかまいません。

お中元のお返しをしたい場合

お中元をいただいた相手に対し、手紙だけでなくどうしても何か贈り物をしたい場合、「お返し」として贈らずに「お中元を贈り合う」という形を取りましょう。

お中元を贈り合う場合の相場

お中元を贈り合う場合、いただいた品物と同額程度のものを贈ります。

いただいた品物の同額程度から2倍程度のものを贈る場合、「お中元を断る場合のマナー」と思われる場合がありますので、気をつけましょう。

詳しくは、【お中元・お歳暮を断る場合のマナーとは?】を参照下さい。

◆お中元の時期に間に合わない場合 お中元の時期を逃した場合は、「暑中御見舞(御伺い)」・「残暑御見舞(御伺い)」として贈ります。

贈る時期については、【お中元の時期】を確認して下さい。

お中元を贈り合う場合の包み方

包み方は、一般的なお中元と同じです。

詳しくは、【お中元の包み方】をご参考にして下さい。

お中元のお礼状の文例

<文例1 取引先向け>

謹啓

◯◯の候、貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご厚誼を賜り、心より御礼申し上げます。

早速ですが、この度は丁重なるお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
社員一同、暑さを忘れて美味しく頂戴いたしました。

時節柄、皆様におかれましては、どうぞご自愛下さいませ。

貴社の益々のご健勝と貴社のご繁栄をお祈りしております。
略儀ながら、書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

平成◯◯年◯◯月◯◯日

山田 太郎

山本 一郎様

※「◯◯の候」の箇所には、時期に合った季語を入れる。
7月上旬「小暑」「向暑」「梅雨明け」
7月下旬「大暑」「酷暑」「炎暑」
8月上旬・中旬「残夏」「立秋」


<文例2 親しい間柄の人向け>

暑中お見舞い申し上げます。

本格的な暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
お陰さまで私どもも、変わりなく元気に過ごしております。

さて、この度はご丁寧なお中元の品をいただき、ありがとうございました。
子供たちも大喜びで、早速、美味しくいただきました。

暑さはまだまだ続くようですが、皆様どうぞご自愛ください。
とりいそぎ、御礼のみにて失礼いたします。

平成◯◯年 盛夏



2016年は、【絶対にはずさない】オフィスギフトのお中元を!

カタログギフトのお中元トップ

お中元プランごとの商品
お中元お問合せ

「お中元・お歳暮」一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加