お中元の時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元を贈る時期は、地域によって違います。

相手の住んでいる地域の習慣に合わせて贈りましょう。

タイミングを逃さないよう、余裕をもって準備をしてくださいね。
外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次


お中元を届けるベストな時期とは?

お中元を届ける時期は、お盆を行う時期によって、地域差があります。

受け取る側の所在地の時期に合わせて贈りましょう。

◆お中元を届けるベストな時期

関東・東北・甲信越7月1日から7月15日

北陸
7月15日頃(地域によって時期が異なるため)
例:金沢 7月1日~7月15日
  能登 7月15日~8月15日
北海道・関西・中国・四国・九州7月15日から8月15日
沖縄旧暦のお盆までに届くように贈る(2016年は8月17日まで)
※最近は、全国的にお中元を送る時期が早くなっている傾向があります。

こんなときはどうすればいいの?

◆お中元を贈るのが遅くなったら?


お中元を贈るタイミングが遅れてしまったら、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。

【暑中御見舞・残暑御見舞を贈る時期】

「暑中御見舞」
「暑中御伺い(相手が目上の場合)」
7月20日から8月6日頃(立秋前日)
「残暑御見舞」
「残暑御伺い(相手が目上の場合)」
8月7日頃(立秋)から8月末日
※立秋の時期は年によって違うので、チェックしてから贈りましょう。

◆喪中の場合はどうすればいいの?

お中元は、祝いごとではなく、日ごろお世話になっていることに対する感謝の気持ちを表すものです。

そのため、相手が喪中であっても、こちらが喪中であっても、お中元を贈ること、受け取ることに差し支えありません。

ただし、お中元を贈る時期がいずれかの忌中(亡くなってから49日まで)にあたる場合は、忌中を過ぎてから「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。

◆仲人や媒酌人にはいつまで贈ればいいの?

仲人や媒酌人にお中元を贈る場合は、最低でも3年は贈ることがマナーです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他にも豊富なプランをご用意しています!

  • 5万円プラン
  • 3万円プラン
  • 1万円プラン
  • 5000円プラン
  • 10万円プラン
  • 3000円プラン
  • 12万円プラン
  • 15万円プラン
  • 20万円プラン
  • 25万円プラン
  • 30万円プラン
  • 35万円プラン
  • 40万円プラン
  • 45万円プラン
  • 50万円プラン
  • 胡蝶蘭・観葉植物
  • プレミアムセット
  • PRESIDENT GIFT
  • 絵画コレクション
  • 陶磁器コレクション