【お歳暮の時期はいつ?】地域で違うお歳暮の時期や、遅れた場合や喪中の場合の対処法を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お歳暮は、今年お世話になった方や会社などの法人に、1年間の感謝の気持ちを込めて贈ります。

一般的に、関東では12月1日から25日頃、それ以外の地域では12月13日から25日頃に到着するように贈られます。

ただし、忌中の場合や、規定で決められている会社など、お歳暮を贈ってはいけないケースもあります。

お歳暮を贈る際には、相手の事情や会社の慣習を確認しておくのがよいでしょう。

 

お歳暮もオフィスギフト

 

目次

お歳暮とは?

お歳暮は江戸時代からある文化で、日頃お世話になっている方へ一年の締めくくりのお礼として贈るものです。所説ありますが、ご先祖様へのお供え物や、商人の挨拶文化などが起源といわれています。現代では、上司や取引先だけでなく親戚や友人へ贈る方が多く、手渡しより自宅へ郵送するというスタイルに変化しています。

 

【お歳暮の時期】地域別のお歳暮の時期やおすすめのタイミング

お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る最適な時期は、地域や贈り物の内容によって違います。
ただし、最近は年々早まる傾向にあります。

お歳暮を贈る場合は、受け取る側の所在地の時期に合わせて贈りましょう。

 

◆お歳暮を贈るのに適している時期

関東 12月1日から25日頃
北海道・東北・東海・
関西・中国・四国・九州
12月13日から25日頃

※12月26日から31日は、先方の了承を取った上で正月用生鮮食料品を送っても良い時期です

 

お歳暮が遅れてしまった場合の対処はどうする?

お歳暮が遅れてしまった場合は、「お年賀」や「寒中見舞い」としてお歳暮の代わりに贈り物をします。

 

お歳暮の代わりにお年賀を持参する

お年賀は、宅配便などで送付することはタブーです。
松の内の期間内に年始挨拶にいく場合、持参しましょう。

ただし、いずれかが喪中の場合は、お年賀を贈ることができませんので、松の内を過ぎてから寒中見舞いとして贈るようにしてください。

※松の内とは?・・・お正月の門松を飾っている期間のこと。
松の内の期間は、地域により異なります。(下記参照)

 

お年賀を持参する時期(松の内の期間)

関東 1月1日から1月7日
北海道・東北・東海・
関西・中国・四国・九州
1月1日から1月15日

 

 

お歳暮の代わりに寒中見舞いを贈る

忌中(亡くなって49日が過ぎない)の場合や喪中にお歳暮を贈ることが気になる場合は、先方に歳暮欠礼の連絡をした上で時期をずらして寒中見舞いの形で贈る方法もあります。

 

寒中見舞いを贈る時期

関東 1月8日から2月3日(立春の前日)まで
北海道・東北・東海・
関西・中国・四国・九州
1月16日から2月3日(立春の前日)まで

 

 

贈り先が「喪中」や「忌中」の場合はどうする?

喪中 お歳暮を贈っても問題ない。ただし気になる場合は、贈り先に連絡の上「寒中見舞い」に代えても良い
忌中 贈ることができない。
※忌中とは、故人が亡くなって49日を過ぎない期間のこと

 

贈り先が喪中であっても、お歳暮を贈ることができます。
熨斗(のし)は「紅白の水引」ではなく、「白無地の奉書紙」または「無地の短冊に“お歳暮”」と書くのがマナーです。

 

贈り先が、忌中の場合はお歳暮を贈ることができませんので、「寒中御見舞」や「寒中御伺」を贈ります。
熨斗(のし)は「白無地の奉書紙」または「無地の短冊に“寒中御見舞”や“寒中御伺”」と書きましょう。

 

※注意点※

元日から1月7日(1月15日)の「松の内」に贈りものをする場合は、「御年賀」となります。
お年賀はお祝い事であるため、この時期に喪中や忌中の方へ贈り物をしてはいけません。

 

 

お歳暮の選び方とおすすめの品物

お歳暮の品物選びに毎年お悩みではありませんか?

お歳暮は。一年の締めくくりのお礼としてお世話になっている方へ贈るものなので、相手に喜ばれるものを贈りましょう。

小さなお子様がいる家庭には、お菓子やジュース。お花が好きな方には、フラワーギフト。遠方の方には、自分の地域の特産品。などがおすすめです!

 

「何が喜ばれるのか分からない。」「贈り先が多く考えるのが大変。」という方には、“カタログギフト”という選択肢もあります。

 

お歳暮に新しいワクワクを届けるWebカタログギフト!

 

カタログギフトは、贈った相手に好きなものを選んでもらうことができる、新しいお歳暮のカタチとして喜ばれています。

「オフィスギフト」のWebカタログギフトは、高級食材やお酒だけでなく、最新の流行家電から家具まで、見ているだけで楽しめる時間もお届けできます。

 

3,000円~10万円以上の豊富なコースから、お歳暮の予算に合わせてお選びいただけます。

下記は、商品の一例です。

 

3万円コースの商品一例

1万円コースの商品一例

5千円コースの商品一例

 

 

お歳暮を贈る際のマナーは?

お歳暮の相場は?

 

お歳暮の一般的な相場は3,000円~5,000円程です。

また、贈る方との関係でも金額が変わります。

 

【家族・親戚、一般的なお付き合いの人】

お歳暮の一般的な相場 親戚

親戚

3,000円~5,000円程度

お歳暮の一般的な相場 一般的なお付き合いの人

一般的なお付き合いの人

3,000円~5,000円程度

【深くお世話になっている人】

お歳暮の一般的な相場 仲人

仲人

5,000円程度

お歳暮の一般的な相場 上司

上司

5,000円程度

 

お歳暮は、お中元より2割程度高めに設定している方も多いようです。

ただし、相手の負担にならないよう高すぎるお歳暮を贈るのには注意しましょう。

お歳暮の相場についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

お歳暮でNGな贈り物

包丁・ナイフ・はさみなど、縁を切ることを連想させるもの

靴下・スリッパ・マットなど、踏みつけることを連想させるもの

ハンカチ(手巾・てぎれ)=手切れを連想させるもの

櫛(くし)など、「苦」「死」を連想させるもの

 

 

お歳暮で贈る際注意が必要なもの

・保存に気を遣う生鮮食品

・金額がはっきり分かる現金商品券

・相手が飲めるか分からないアルコールコーヒー

 

 

お歳暮をやめてもよい場合

お歳暮はお世話になっている方には、関係が変わらない限り贈り続けます。

ただし、相手との関係が変わる場合などは、やめても良いとされています。

仲人 結婚後3年間を過ぎた場合
仕事関係 転勤・退職などで関係性が変わる次のお中元やお歳暮まで贈る
最後に贈る際「在職中はお世話になりました。今後のご活躍をお祈りしています」など今回が区切りであることをそれとなく伝える手紙を添える
その他 お歳暮を贈る相手が亡くなった場合

※今年限定でお歳暮を贈りたい場合、「◯◯の節はありがとうございました」とお歳暮を贈る理由を手紙で添えます。

 

 

お歳暮とお中元の違い

お歳暮もお中元も、世話になっている人へ感謝やお礼の贈り物をするという意味は同じです。

その違いは、「時期」「相場」「贈る品物」。

 

お中元の時期は、7月初旬から8月中旬の夏で、お歳暮は、12月10日〜20日頃の冬に贈ります。

相場については、お中元よりお歳暮の方が2割ほど高級な品物を贈る方が多いという傾向があります。

また贈る品物は、お中元は夏に喜ばれる「そうめん」「ゼリー」「果汁やビール」などが多く、お歳暮は冬に喜ばれる「お肉や魚介」「お茶」「日本酒」が多いようです。

 

なかには、毎年似たようなものを贈ったりもらったりすることに嫌気がさしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には、相手が欲しいもを選べる「カタログギフト」がおすすめです!

 

毎年似たようなお歳暮に飽きていませんか?

お歳暮もオフィスギフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスギフトの豊富なプランを見る

  • 3000円プラン
  • 5000円プラン
  • 1万円プラン
  • 3万円プラン
  • 5万円プラン
  • 10万円プラン
  • 12万円プラン
  • ハイクラス
  • プレミアムセット
  • 胡蝶蘭・観葉植物