【お祝い・ギフト】大人のためのマナー講座

のし・水引 お中元・お歳暮

お歳暮の包み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お歳暮はお世話になった方への「感謝」と、「今後も変わらぬお付き合いのお願い」の気持ちを込めて贈ります。

通常のお歳暮の包み方以外に、お年賀や寒中見舞い、喪中の場合について説明します。

マナー違反にならないよう、包み方の基本マナーをしっかりおさえましょう。

目次

お歳暮などの贈り物

お歳暮は、12月に贈ります。

お歳暮を贈れない場合や、御歳暮の時期を逃した場合には、「お年賀」・「寒中お見舞い」を代わりに贈る場合があります。

※「お歳暮」・「お年賀」・「寒中見舞い」を贈る時期は、お歳暮の時期を参考にして下さい。

今回は、お歳暮の包み方(かけ紙・水引)のマナーについてお話します。

お歳暮の包み方

◯通常の場合

【包み方】
「蝶結びののし紙」を用います。
上部「御歳暮」+下部「名入れ」の表書きをします。

※肩書きを入れる場合や連名の場合については、こちらをご確認ください。



◯喪中の場合

【包み方】
お歳暮を贈る側、または、贈られる側のいずれかが喪中の場合は、のし紙(のしと水引があるもの)を使わずに、白の奉書紙(白の短冊)を遣うのがマナーです。
上部「御歳暮」+下部「名入れ」の表書きをします。

お年賀の場合


【包み方】
「蝶結びののし紙」を用います。
上部「御年賀」+下部「名入れ」の表書きをします。

※お年賀を贈る側、または、贈られる側のいずれかが喪中の場合は、お年賀を贈ることはできません。

寒中見舞い

◯通常の場合

【包み方】
「蝶結びののし紙」にします。
贈り先が同等や目下の方の場合は、上部「寒中御見舞」+下部「名入れ」の表書きをします。
贈り先が目上の方の場合は、上部「寒中お伺い」+下部「名入れ」の表書きをします。


◯喪中の場合

【包み方】
双方(贈る側・贈られる側)のいずれかが喪中の場合は、のし紙(のしと水引があるもの)を使わずに、白の奉書紙(白の短冊)を使用するのがマナーです。
上部「寒中御見舞」+下部「名入れ」の表書きをします。


短冊は簡易形式ですので、贈る相手が親しい間柄の場合のみ使用できます。
目上の方やビジネスでのお付合いなどの場合には、正式マナーのかけ紙を使用しましょう。

贈り物に、【選べる喜び】と【ワクワク】を!

「オフィスギフト」は、カタログギフトのWeb版サービスです。

贈った相手がニーズに合わせて好きなものを選べるから、お祝いやお返しとして喜ばれています。

10万円5万円3万円1万円5千円の5つのコースから、予算に合わせてお選びいただけます。

家電やオフィス用具、高級食材やお酒など、「オフィスギフト」自慢の1500点以上の豊富な商品ラインナップの一例をご紹介しますので、今すぐご確認ください!

10万円コースの商品一例

5万円コースの商品一例

3万円コースの商品一例

1万円コースの商品一例

5千円コースの商品一例

お祝いやお返しには、贈ってうれしい、もらって楽しい、【120%大満足!】の「オフィスギフト」で決まりです!

プレミアムセットバナー

「お中元・お歳暮」一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所の移転・開店・開院のお祝い・お返しはカタログギフトの「オフィスギフト」

お得で便利な会員登録

  • ポイントを貯めてAmazonギフト券に交換
  • 領収書をPDFでダウンロード可能
  • マイページでギフトの管理が可能
  • スマホで簡単登録!動画メッセージが贈れる

「OfficeGift」会員登録で会員限定サービスが無料でご利用いただけます。

会員登録はこちら

  • 50,000円コースを見る
  • 30,000円コースを見る
  • 10,000円コースを見る