【お祝い・ギフト】大人のためのマナー講座

贈り物 選挙当選祝い

選挙当選祝い・陣中見舞いの贈り物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選挙当選祝いや陣中見舞いを贈ろうとして悩んでいませんか?

・選挙違反が心配で何を贈っていいかわからない。
・選挙当選祝いと陣中見舞いで贈れるものが違うって本当なの?

法律を遵守して贈るべきお祝いだからこそ、細心の注意を払って贈りたいものです。

今回は、選挙当選祝い・陣中見舞いについてご説明します。

目次

選挙当選祝い・陣中見舞いの贈り物

当選祝いや陣中見舞いを贈る時、守らなければならない法律が2つあります。

それは、公職選挙法政治資金規正法です。

違反した場合、贈る側・受取る側の双方が禁錮刑や罰金の処罰を受けることがあるため、細心の注意が必要です。

選挙当選祝いに贈ることができるもの

個人から政治家個人
(総額年間150万円以内)
金銭等は不可
物品等(茶菓子・飲食物を含む)は可
法人等から政治家個人 全て禁止

※法人等とは、会社、および、労働組合等・その他団体

●選挙当選祝いにお酒を贈ってもいいの?

個人から当選した候補者に酒類を贈ることは、贈る側には問題ありません。

当選祝いで贈られたお酒を、受け取った政治家が選挙区内の人に振舞うことは、候補者からの寄附とされ、公職選挙法違反となります。

※参考サイト 千葉市|選挙運動

陣中見舞いに贈ることができるもの

個人から政治家個人
(総額年間150万円以内)
金銭等(現金・小切手・株券)・物品ともに可
飲食物(料理・弁当、ビール・酒など)は不可
ただし、お茶と茶菓子・果物程度は可
法人等から政治家個人 全て禁止

※法人等とは、会社、および、労働組合等・その他団体

※陣中見舞いの寄附では、5万円を超える場合、寄付者の住所・氏名・寄附日・寄附金額などの個人情報が、相手の収支報告書に記載されます。
また、それらは官報などで公表されます。
(官報は、法律・破産・寄附等が掲載されている、誰もが閲覧可能な国の発行物です。)

いかがでしたか?

候補者から個人、または団体に品物や寄附をすることは法律で禁止されており、有権者から求めてもいけません。

そのため、当選祝いや陣中見舞いのお返しはありませんし、受け取ってもいけません。

当選祝いは法律を遵守して、慎重に贈ることが大切です。

※当選祝いや陣中見舞いについて分からない場合や不安な場合は、必ず選挙管理委員会に問い合わせ確認してください。

全国の選挙管理委員会一覧はコチラ

※この記事は、2015年11月20日現在のものです。

お祝いにはずさない「カタログギフト」

「オフィスギフト」は、インターネット上で選べるカタログギフトです。

商品として「家電」「オフィス用具」「お酒」「グルメ」など厳選した1,5000種類以上をご用意しており、贈った相手が好きなものを選べて、お祝いの贈り物に選ばれています。

予算にあわせて10万円5万円3万円1万円5千円の5つのコースから、予算に合わせてお選びいただけます。

「オフィスギフト」の豊富な商品例をご紹介しますので、今すぐご確認ください!

10万円コースの商品一例

5万円コースの商品一例

3万円コースの商品一例

1万円コースの商品一例

5千円コースの商品一例

お祝いには、贈ってうれしい、もらって楽しい、【120%大満足!】の「オフィスギフト」で決まりです!

プレミアムセットバナー

「選挙当選祝い」一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所の移転・開店・開院のお祝い・お返しはカタログギフトの「オフィスギフト」

お得で便利な会員登録

  • ポイントを貯めてAmazonギフト券に交換
  • 領収書をPDFでダウンロード可能
  • マイページでギフトの管理が可能
  • スマホで簡単登録!動画メッセージが贈れる

「OfficeGift」会員登録で会員限定サービスが無料でご利用いただけます。

会員登録はこちら

  • 50,000円コースを見る
  • 30,000円コースを見る
  • 10,000円コースを見る