【NIKKA】シングルモルト余市 20年 高級桐箱付き700ml 52%

カーソルを合わせると画像が切り替わります。

【NIKKA】シングルモルト余市 20年 高級桐箱付き700ml 52%

ニッカシングルモルト余市シリーズ
シングルモルトとは、1か所の蒸溜所で作られたウイスキーだけを使ったものだけ、シングルモルトウイスキーと呼びます。


温もりの有る豪華な桐箱に入った余市20年 北海道でしか手に入らない限られた謹呈品


ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。
ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。
日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。


1936年のポットスチル
微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。
SLと同じように石炭をくべます。 
1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。

1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働

11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 

「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ~」(北海道弁)

秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。
60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。

350,000円のコースを贈る