シャトー・ムートン・ロスチャイルド [マグナムボトル] 本マグナム★

カーソルを合わせると画像が切り替わります。

シャトー・ムートン・ロスチャイルド [マグナムボトル] 本マグナム★

ボルドーワインの頂点に君臨し続ける王者。
5大シャトーの中でも
特に繊細で優美と称されるトップシャトー。

メドック格付け 第一級

100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。
それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、
このシャトー・ムートン・ロスチャイルドです。

ユダヤ系の大富豪ロスチャイルド家がこのシャトーを買収したのは、1853年のこと。
ところが、その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていたムートンは、
2級に格付けされてしまいました。これに奮起したロスチャイルド家は、
「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」
と言い放ち、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、
1級になるために様々な働きかけを行ってきました。

118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、 シャトー・ムートンは悲願の昇格を果たします。
その時、「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、 されどムートンは昔も今も変わらず」
という名句を残したという、有名な逸話が残されています。

シャトー・ムートン・ロスチャイルドは5大シャトーの中では、
最も豪勢なワインと言われています。 カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、
飲み頃になるまでに時間がかかる長期熟成型のワインです。

エレガントなブーケと豊かなボディを持った"比類ない"ワイン。 
シルクのようなきめ細かさ、アーモンドとすみれの香りを秘めたエレガントな芳香、
そして酸味とコクの結びついたバランスの良さは、
理想の赤ワインが備えている全ての条件をくまなく発揮しています。

350,000円のコースを贈る