マナーも贈り物もお返しも!読めば分かる【昇進祝いのまとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昇進祝いイメージ

昇進祝いをどのように贈ればいいか知りたいと思いませんか?

社内で昇進祝いをする場合は、昇進できなかった人の心情も考慮しなければならず、センシティブな対応が求められることもあります。

今回は、昇進祝いの困ったお悩みを簡潔にまとめ、紹介していきます。

基本のマナーや昇進祝いをもらった後のお返しの方法まで分かりやすく説明していますので、ぜひ最後まで確認し役立ててくださいね。

押さえておくべき!昇進祝いの基本マナーとは?

身近な人や親しい人の昇進は、どのようにお祝いすればいいのでしょうか。

まず、基本となるマナーを表にまとめましたので、しっかりと押さえていきましょう。


外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次








押さえておくべき!昇進祝いの基本マナーとは?
時期 昇進を知った日から1週間程度
(なるべく早く贈るようにしましょう)
相場 知人・友人・取引先: 5,000円~10,000円
家族や親族など身内:10,000円~30,000円

※部署(部・課)でお祝いをする場合は、人数や一人当たりの予算に応じて変わります。
のし・水引 のし・水引:紅白の蝶結び
表書き  :「御昇進御祝」「御栄転御祝」「御餞別」など

※各表書きの違いについてはコチラをご確認ください。

また、注意すべき『暗黙の4つのルール』も合わせて紹介しますので、しっかりと胸に刻んでおきましょう。

《誰も教えてくれない暗黙の4つのルール》
ルール1:会社の慣例に従ったお祝い方法を!

会社の慣例があるなら従いましょう。

ルール2:部署(部・課)でのお祝いは、足並みを揃えて!
一人だけ抜け駆けするのはマナー違反。どうしてもしたい場合は、日を改め個人的に。

ルール3:昇進できなかった人への配慮を忘れずに!
社内の様子を見ながら、波風をたてないようにお祝いをすることもビジネスシーンでは大切です。

ルール4:取引先への昇進祝いは慎重に!
取引先へのお祝いは、言葉やメールにしておいた方が無難です。

※メールの書き方に悩んだら!
【メッセージ文例】カンタン便利ですぐに使える!昇進祝いのメール文例集
【メッセージの基本】昇進祝いのメールに困ったら?5分で分かる基本のマナー
何を贈ればいいの?喜ばれる定番の贈り物とは?
上質でシンプルなイメージ

それでは、ここからは昇進祝いに選ばれている定番の贈り物について紹介します。

お祝いの会を開いたり、社内でプレゼントを渡したりする場合、花束とプレゼントを一緒に渡すことが多くあります。

主役の性別や年齢、帰りの状況(電車に乗って帰るなら、重たいものやかさばるものは避けるなど)に応じて、一番最適な贈り物を探しましょう。

◆プレゼントは『上質でシンプルなもの』を選ぼう!
好みや好きなブランド等を知っていれば別ですが、よく分からないのであれば、好き嫌いがなく長く使える『上質でシンプルなもの』が喜ばれます。

どのようなものが選ばれているのか、定番の贈り物をみていきましょう。

《昇進祝いの定番の贈り物》

実用的で喜ばれる カタログギフト・商品券など
ビジネスシーンで使える 手帳、名刺入れ
記念になる USBなどのオフィス用品への名入れグッズ
お酒好きな人には名入れボトルのお酒も○
特別な日のお祝いに シャンパン、高級肉など

◆目上の人にはNG!タブーな贈り物とは?
ここからは、目上の人へ贈ってはいけないタブーな品物についても説明します。

「知らずに失礼な物を贈ってしまった」という失敗をしないよう確認しておいてください。

《目上の人へのタブーな贈り物》

靴下・履物 「(相手を)踏みつける」という意味を持ち、失礼にあたるから
時計・万年筆 「勤勉に励め」「もっと精進しなさい」という意味を持ち、失礼にあたるから
ベルト 「気を引き締めて=気を抜くな!」という意味を持ち、失礼にあたるから
現金 上司や目上の人に贈ると失礼と感じる人もいるので要注意

※こちらもあわせて読まれています。
【贈り物】《昇進祝いのプレゼント》誰も教えてくれない最高の選び方

お返しはどうすればいいの?
昇進祝いのお返しイメージ

最後に、昇進祝いをもらったあとのお返しについて説明します。

昇進祝いのお返しは、原則不要とされています。

しかし、Harmoney.jpによる『お祝い・お見舞をもらった時、「お返し」はしますか?』という調査によると、『昇進祝いのお返しをする人』の割合は、56.3%だったそうです。

原則不要とはいえ、今後のお付き合いなどを考慮し、約半数以上の方が何らかのお返しをしているということが分かりました。

実際のお返しの方法として、次の3つの方法があります。

1:お返しなし

2:お礼状のみ
お礼状は、着任後約1~2週間を目処に、ハガキか手紙で出します。
お祝いへのお礼や感謝の言葉、近況報告、今後のお付き合いのお願いなどを書きましょう。

3:お礼状+お返しの品
目上の方やお世話になっている方からお祝いをいただいた場合など、どうしてもお返しとして何か贈りたいという場合は、お礼状とお返しの品を贈ってもかまいません。

《お返しの品を贈るときの基本マナー》
【金額】    いただいたお祝いの半額程度
【のし・水引】 紅白の蝶結び
【表書き】   「御礼」
【品物】    お菓子や日用品の詰め合わせ、お酒、カタログギフトなど

※こちらもあわせて読まれています。
【お返し】昇進祝いのお返し方法は3つ?最適な方法で最高の関係を!


いかがでしたか?

上手な昇進祝いをすることによって、良好な人間関係を築くことも、その逆も可能です。

ビジネスシーンにおいて、周囲の人との人間関係はとても大切なもの。

今後のためにもしっかりと確認し、間違いのない最高の昇進祝いをしてくださいね。




◆「昇進祝い」にオススメの胡蝶蘭はこちら!
法人なら請求書払いが可能◎全国送料無料&最短当日発送可能な胡蝶蘭!

◆「昇進祝い」についての役立つコラムはこちら!
【贈り物】昇進祝いのプレゼントの誰も教えてくれない最高の選び方
【お酒】お祝いギフトに贈りたいお酒とオススメ銘柄12選!
【メッセージの基本】昇進祝いのメールに困ったときに・・・5分で分かる基本マナー
【メッセージ文例】昇進祝いのメールに今すぐ使えるカンタン便利な7つの文例
【お返し】昇進祝いの3つのお返しパターンを知り最高の関係を築く方法
【お祝いの違い】昇進、昇格、栄転・・・知っておきたいお祝いマナーの違いとは?

◆「昇進祝い」についてサクッとマナーを知りたい方はこちら!
大人のためのマナー講座(就任・昇進祝い)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事