【開業祝いの贈り物】定番&NGと絶対にカブらないオススメ7選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お祝いに悩むクマと花

開業祝いに何を贈れば良いか、悩んでいませんか。

相手にとって人生の大きなチャレンジである「開業」だからこそ、応援や励ましの気持ちとともに、役に立つものや喜ばれるものをお祝いとして贈りたいですよね。

今回は、お祝いギフトを取り扱っている当社が、開業祝いとして贈ってはいけないNGな物やよく贈られる物についてお教えします。

また、「せっかくのお祝いだからこそ、他の人と同じ贈り物はしたくない!」という人のために、オススメの贈り物を7つご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、本当に喜ばれる開業祝いの贈り物を選んでくださいね。


外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次

 

オフィスギフトの胡蝶蘭



開業祝いにNGな贈り物&よく贈られる4つの贈り物とは?

開業祝いとして品物を贈るときに、NGな贈り物があるのをご存知でしょうか。

良かれと思って選んだ贈り物が、実は贈ってはいけないものだったり、失礼なものだったとしたら・・・悲しいし、残念ですよね。

そんなことにならないために、まずは、開業祝いとして絶対に避けたい贈り物について押さえておくことが大切です。

NGな贈り物を踏まえたうえで、開業祝いとしてよく贈られる4ジャンルの代表的な贈り物についてご紹介していきますので、お祝いを選ぶときの参考にくださいね。

【これだけは避けたいNGな贈り物】

  1. 1.(目上の人には)腰から下につけるもの&マット類

    お祝い用ビジネス靴

    靴下やくつなどの履物やマット類は、『踏みつける』という意味になり、目上の人に対しては失礼な贈り物となりますので避けましょう。

  2. 2.火事や赤字を連想させる「火気類」や「赤いもの」

    赤い花束

    火事や赤字を連想させるものは縁起がよくないため、開業祝いとしては不向きです。

    ライターや灰皿、キャンドルのほか、ストーブやヒーターなどの火に関わる電化製品も避けた方が良いでしょう。

    真っ赤な花束なども上記の理由から嫌う方もいますので、覚えておいてください。


【よく贈られる4ジャンルの贈り物】

  1. 1.現金・商品券・ カタログギフト

    開業祝の祝儀袋

    何かと物入りな開業時、現金や現金同様の使い方のできる商品券は、実用的でありがたい贈り物です。

    開業祝いの場合、目上の人に現金や商品券を贈ることは、失礼にはあたりません。

    「金額が分かってしまうのはちょっと・・・」という方には、もらった相手が好きなものを選ぶことのできるカタログギフトを贈ると良いでしょう。

  2. 2.品物(名入れの品、記念品、電化製品)

    開業祝いの時計

    開業したばかりのときは、オフィスや店舗には必要最低限のものしかない、という場合が多いものです。

    あらかじめ必要なものや欲しいものを聞き、お祝いとしてプレゼントするととても喜ばれます。

    開業祝いの贈り物の場合、品物に日付や社名を入れてくれるサービスもあるので、オリジナリティある贈り物をしたい人にはオススメです。

  3. オフィスギフトの胡蝶蘭

    お祝いの花束

    華やかな胡蝶蘭や水やり不要で長く楽しめるブリザーブドフラワー、インテリアのポイントにもなる観葉植物なども、人気の贈り物です。

    鉢植えの場合、思った以上に場所を取ることがあるため、事前に空きスペースの確認をしておくほうが無難です。

    また、背の高い花や観葉植物は圧迫感を与えてしまうことがあるので、椅子や机などの高さの確認をしておくと良いでしょう。

    おすすめ > 品質とスピード・実績に定評がある胡蝶蘭はこちら

 

4.酒

祝樽

日本には古来から「祝い酒」という風習があるように、お酒も開業祝いとして喜ばれるもののひとつです。

定番のシャンパンのほか、パーティーやイベントを行う場合は、めでたい樽酒なども喜ばれるかもしれません。

ただし、樽酒は大きなものが多いため、サプライズで贈ると困らせてしまってはいけないので、先に相談しておくと良いでしょう。

そのほか、開業年のワインに社名を入れて贈ったり、縁起の良い名前の日本酒を贈るなど、趣向をこらしたものだとさらに嬉しい贈り物をすることができます。

飲食店には、実際にお店に置く予定の焼酎やワインなどがオススメです。

オープン後の営業時に使える実用的な贈り物として喜ばれること間違いありません。

開業祝いにカブらない!オススメの贈り物7選

ここからは、「マナー違反はしたくないけれど、せっかくのお祝いだからこそ、他の人と同じものではなく、最新の役立つものを贈りたい!」という方に向けた、オススメの贈り物をジャンル別に7つご紹介します。

お祝い選びに困っているならぜひ参考にしてください。


【最先端の技術を駆使したオフィス用品 オススメ3選】

  1. 1.PLUS スマホ対応ホワイトボード パシャボ

    PLUSのスマホ対応ホワイトボード

    スマートフォンでの撮影に対応している両面タイプのホワイトボード。

    撮影時、斜めになったり暗くなってしまった画面でも、無料専用アプリを用いれば、見やすく保存してくれます。

    軽量のデータに自動変換してくれるため、情報共有もスムーズにでき、フォルダに分けて管理することも可能なので、忙しい開業時に役立つお祝いになりますね。

  2. 2.Bose ノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン

    BOSEノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン

    移動中や社内など、いつでも仕事に集中したい開業時に役立つ贈り物です。

    2つの内蔵されているマイクがキャッチした騒音と逆位相の音波を出し、騒音を電気的に相殺してくれます。

    また、独自のイヤーチップが耳の穴にやさしくフィットするため、物理的にも騒音を遮断でき、長時間使用しても疲れない快適なつけ心地で安心して使えます。

    お店での会話や空港などでアナウンスを聞きたい場合など、従来であればわざわざ外さなくてはならなかった場面でも、「Awareモード」をONにすれば、周囲の音を聞き取りやすい状態を創り出してくれるため、取り外す必要がないのも嬉しいポイントです。(※安全面には注意してご使用ください。)

    なかなか自分で買う機会のないものですので、出張や移動の多い経営者の方には特に、あると嬉しい喜ばれる贈り物となりそうです。

  3. 3.Bose スピーカー

    BOSEのスピーカー

    Wi-Fiネットワークを経由して、インターネットラジオやパソコンにつながるため、スマートフォンやアプリを立ち上げることなく、指先一本で保存している音楽を楽しむことが可能です。

    クリアで広がりのあるサウンドで聴く音楽は、疲れた身体を癒し、気分転換にもなるため、新たな事業をがんばる活力になること間違いありません。



外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


【オシャレで快適なオフィス家具・筆記具 オススメ2選】

  1. 1.MONTBLANC ボールペン(ボエムマロン)

    モンブラン ボエムマロン

    ビジネスマンなら必ず欲しいオシャレで知的なできる大人の筆記用具です。

    万年筆は使いづらかったり、インクがにじんで苦手という方も多い中、いつでもどこでも使えるボールペンは、役に立つこと間違いありません。

    ボエムマロンは、ブラックプレシャスレジンやエレガントなシンセティックスモーキーブラウントパーズを装飾した、ディテールにこだわった特別なボールペンですので、今後の活躍を祈り渡すのに最適な贈り物だといえるでしょう。

  2. 2.イームズ タイムライフチェア(リプロダクト商品)

    イームズ タイムライフチェアのリプロダクト商品

    1960年、アメリカのタイムライフビルのロビーのために設計され、別名「タイムライフチェア」として知られている椅子のリプロダクト商品です。

    デザイナーのチャールズ・イームズがディテールにまでこだわり作り上げた見た目のスタイリッシュさはもちろんのこと、快適性を優先した椅子のすわり心地は最高です。

    オフィスのインテリアにこだわりたいあの人にピッタリの贈り物ですね。


【美味しく飲んで楽しく祝いたいお酒 オススメ2選】

  1. 1.ドンペリニヨン シャンパン ロゼ

    ドン・ペリニヨンのロゼ

    17世紀、「最高のワインを造る」という野望を胸にシャンパンを作り続けたドン・ピエール・ペリニヨンの志を、3世紀にわたり受け継ぎ、作られているドン・ペリニヨンのシャンパン。

    絶妙なバランスでつくられた芸術品ともいえるこのシャンパンは、作柄の素晴らしい年のみに収穫されたブドウだけを使っているから。

    ピンクのラベルがお祝いに花を添える、特別な日に特別な人と飲みたい、特別なシャンパンです。

  2. 2.来福 樽酒(72L、36L、18L、9L)

    来福の樽酒

    「福が来る」というとてもおめでたい名前を持つこの樽酒は見た目のインパクトも大で、オフィスや店舗のお披露目イベントやパーティーにぴったりのお酒です。

    大きさも4種類あるので、人数や用途によって選べるのが嬉しいですね。

いかがでしたか?

開業祝いの贈り物は、励ましやお祝いの気持ちを伝えるためのものです。

最低限のマナーを守ることはもちろんですが、相手の状況や好みに合わせ、心のこもった本当に喜ばれるものを贈ってくださいね。

おすすめ > 年代問わず喜ばれるプレゼントはこちらから(贈る手間なし編)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事