これで解決!開店祝いのお返しマナーとお礼状の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開店祝いのお返しイメージ

念願の独立を果たしお店をオープンするとき、親しい友人や取引先などの多くの人にいただいた開店祝いのお返しを、どうすればいいのか困っていませんか。

「いただきっぱなしは、何だか申し訳ない、でもお返しは必要なの?」
「もし、お返しする場合には、どんなものを渡せばいいの?」

といったお悩みをお持ちの方に、『開店祝いのお返しのマナー』についてご紹介します。

お祝いしてくれた方とこれからより一層良い関係を築くためにもしっかりと読んで確認し、マナーを守って心のこもったお返しをしてくださいね。

 

外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次



お店に招待しておもてなしをする場合

オープニングパーティー

お店を開店するとき、お披露目を兼ねたオープニングパーティーやレセプションパーティーを開き、そこでのおもてなしを「お返し」の代わりにする場合が多くあります。

お店でもてなすことにより、お店の場所や雰囲気を知ってもらえます。

また、飲食店の場合は、実際に料理を味わってもらえるという利点もあります。

基本的にはおもてなしが「お返し」となりますので、それ以上は何かする必要はありません。

もし、より丁寧にお礼の気持ちを伝えたい場合には、帰りに「引き出物(お土産)」をお渡しすると良いでしょう。

引き出物(お土産)の詳細については、下記を参考にしてください。

【予算】1,000円~3,000円程度

【品物】相手が使いやすいデザインのシンプルなもの
・お菓子やタオル、ボールペンなど、実用的で気を遣わずに受け取れるもの
・カレンダー、携帯の液晶クリーナーのストラップ、ボールペンなどの実用的なものに名入れをした記念品を渡すと、お店のPRにもなり一石二鳥
・次回使える割引券や優待券は、「次の来店をお待ちしています」という気持ちを伝えられ、相手にとってもお得なため喜ばれる

【のし】紅白の蝶結び

【表書き】「内祝」、「記念品」、「粗品」

【時期】パーティーの帰りぎわ

【注意ポイント】お礼を言い、感謝の気持ちを伝えること

お返しのみを贈る場合

開店祝いお返しのイメージ

続いて、パーティーに来れなかったり、遠方に住んでいるなど会ってお礼のできない方へのお返し方法をご紹介します。

分かりやすくまとめましたので、ご確認ください。

【予算】相場は、いただいた金額の3割~半値程度
あまり高価なものは逆に気を遣わせてしまうため避けましょう。

【品物】カタログギフト、商品券、ギフトセット(タオル・飲食物など)
前述したような引き出物や記念品などでもかまいません。

【のし】紅白の蝶結び

【表書き】「開店内祝い」、「御礼」

【時期】開店後1~2週間以内に届くように手配すること

【注意ポイント】必ずお礼状を添え、感謝の気持ちを伝えること

◆お返しを贈りたいけど、時間やお金に余裕がない場合は?
開店の準備で忙しくお返しを用意する時間がなかったり、開店資金の関係であまり予算が取れない場合などは、お返しの品はなくてもかまいません。

しかし、もらいっぱなしにするのは失礼なので、必ず『お礼状』を贈ってください。(とても親しい人に対しては、電話でもかまいません。)

お祝いをいただいたことに対するお礼をの気持ちやこれからの抱負を伝え、今後のお付き合いをお願いすると良いでしょう。

お礼状の書き方

お礼状イメージ

ここからは、お礼状の書き方についてご説明します。

開店を祝ってくれた人に対して贈る礼状ですので、礼を尽くし、感謝の気持ちを込めて書きましょう。

「いただいたお祝いのお返しとして」「お祝いのお返しに」のような表現はNGですので気をつけてください。

また、開店後の状況を一緒に報告すると、その後どうなっているか心配してくれている相手に現状が伝わるため、より喜ばれるお礼状となります。

下記に、文例を記載しておきますので、参考にしてください。

身近な相手であれば、もっとくだけた感じでもかまいませんので、相手との関係により文体を変えてください。

拝啓 〇〇の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
さて、このたびは、「店名」のオープンにつきまして、たくさんのお祝詞とお祝いの品をいただき、誠にありがとうございました。
皆様の適切なアドバイスやあたたかな励ましのおかげで、順調なスタートを切ることができ、心から感謝しております。
ここからが本番と、スタッフ一同精一杯精進し、お店を盛り上げていく所存です。
ささやかな内祝いをお送りいたしますので、どうかご笑納ください。
今後とも、ご指導ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
敬具

お店のオープンや独立にあたっては、なにかと忙しくバタバタしがちなため、たくさんの人に祝っていただいた場合、ひとりひとり丁寧にお返しするのは大変かもしれません。

それでも、お礼状プラスアルファ程度の、相手が気を使わない範囲で心がこもったお返しがあると、受け取る側の印象はかなり違ったものになりそうです。

マナーを守り心をこめたお返しで、大切な人たちとの今後のお付き合いをさらに良いものにし、成功への礎をしっかりと築いてくださいね。

開店祝いのお返しに、選べる「ドキドキ」と「ワクワク」を!

「オフィスギフト」は、もらった人の96.5%が【機会があれば利用したい】と答えた、絶対に失敗しないカタログギフトとして開店祝いのお返しに選ばれています。

オシャレな家電や雑貨、高級食材やお酒など、「オフィスギフト」自慢の1500点以上の豊富な商品ラインナップの中から、もらった人が好きなものを選べるから、ハズすことがありません!

開店祝いのお返しに人気のプランから自慢の商品の一部を紹介しますので、今すぐご確認ください!

5千円プランの商品一例

1万円プラン

3万円プラン

※商品は、変更する可能性があります。

開店祝いのお返しには、贈ってうれしい、もらって楽しい「オフィスギフト」で決まりです!




◆「開店祝い」について知りたい方はこちら!
開店祝いの贈り物に悩んでいませんか?

◆「開店祝い」についての役立つコラムはこちら!
【まとめ】開店祝いに絶対にハズさない贈り物6選と基本のマナー
【飲食店】飲食店関係者に聞いた、開店祝いに本当に喜ばれる贈り物10選!
【贈り物】贈ってはずれなし! 喜ばれる開店祝いギフト 5選
【お酒】開店祝いにお酒を贈りたい!基本マナーと厳選シャンパン 7選
【お酒】お祝いギフトに贈りたいお酒とオススメ銘柄12選!
【花】今さら、人に聞けない!開店祝いにお花を贈る時のポイント 3選
【観葉植物】ワンランク上の開店祝い!選び方と【厳選】観葉植物 7選
【メッセージ】開店祝いのメッセージ!使える文例とオススメカード 6選



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事