開業祝いのギフトに添えて、心に響くおしゃれなメッセージを贈りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージカード

 

友人や知人から、独立開業の知らせを受けたら、おしゃれなお祝いのメッセージを贈りたいですよね。

贈る手段や、書き方にもいろいろとありますが、基本的なマナーを守って、失礼のないように。

なによりも、暖かく思いやりのある、ポジティブな言葉を贈りましょう。

 

外れなしのプレゼント!商品一覧はコチラ


目次



贈る方法は?

メール

カードや手紙、電報、電子メールなどが、一般的に利用されています。

 

【カード・手紙】

お祝いの花や物品、現金・ギフト券などに添えて贈るのが、一般的です。

 

【電報】

大手通信会社、郵便局など、多くの企業が、電報サービスを取り扱っています。

各社違いがありますが、申込み時間によっては、即日配達も可能です。

また、さまざまなデザインの台紙や文例集、贈答品を取り揃えている会社も多く、

文例集をそのまま利用できたり、自分でアレンジすることもできます。

なお、国内だけでなく、海外からの注文を受け付けている会社もあります。

 

【電子メール】(以下、メールと記載します)

会社の上司、同僚、取引先など、ビジネス関係でよく利用されています。

また、親しい間柄の場合でも、取り急ぎ、という形で祝意をメールで伝え、

後日改めて贈答品と共に、カード・手紙・電報などを贈る場合もあります。

ただ、メールの場合は、相手が読んでいないという可能性もありますので、注意が必要です。

 

●絶対に失敗しない《開業祝い》はこちら●

 

贈るタイミングは?

贈るタイミングは?

開業祝いは、開業日の一週間前から前日の間に贈るのが、マナーと言われています。

生花などに添えて、メッセージを贈る場合は、鮮度の問題などがありますので、

開業当日の午前中に、配達を手配することも多いようです。



●開業前は、バタバタするので開業祝いは、タイミングをみて贈る

ただ、開業前は何かとばたばたするものです。

相手の職種や職場形態によって、状況もさまざまです。


できれば、事前に相手の都合を尋ねて、

希望配達日時などの要望を宅配業者に依頼できれば、それに越したことはありません。


●開業祝いをレセプションに持参する方法も!

開業前に、オープニングパーティー等のレセプションがあり、出席する場合には、その際に持参してもかまいません。

 

●メッセージだけ届けても問題ないの?

海外の場合や、健康上の問題があるなどの理由で、メッセージだけを贈る場合も上記の期間中で問題はありません。

 

止むを得ない事情のために、贈答品を届けるのが、開業後になってしまう場合には、

お祝いのメッセージを開業前に贈り、その旨を伝えておくとよいでしょう。

●相場と目的で選べる《開業祝い》はこちら●

 

開業祝いのおしゃれなメッセージの内容は?

メッセージ

開業祝いに、ふさわしいメッセージということであれば、

以下のポイントを押さえて、心を込めて書けばよいでしょう。

文章が書けるスペースにもよりますから、ふさわしい内容の全部を含まなくてもかまいません。


【開業祝いのメッセージにふさわしい言葉】

●夢の実現を祝い、喜びを分かち合うような言葉

●そこに至るまでの、努力、苦労をねぎらい、讃えるような言葉

●成功と発展を願い、励ますような言葉

●身体の健康を気遣うような言葉

 

反対に、以下のような言葉は避けましょう。


【開業祝いのメッセージに向かない言葉】

●縁起の悪い言葉(落ちる、傾く、壊れる、下、赤、火、燃える・・・等々)

●茶化すような言葉(たとえ、普段冗談を言い合うような仲であっても、慎みましょう)

 


やはり、相手の方も不安を感じ、普段より敏感になっていることは想像に難くありません。

ネガティブな言葉は、一切使わないように、十分に配慮しましょう。

●どんな関係の人にも喜ばれる《開業祝い》はこちら●

 

臨機応変に、想像力を使いましょう!

臨機応変に、想像力を使いましょう!

相手の年齢や性格、立場、相手との関係など、いろいろな面を考慮し、失礼のないように注意しましょう。

例えば、気心の知れた友人には、型にはまった決まり文句よりは、

自分の言葉で率直に心を込めたメッセージを贈るほうが、嬉しく感じてもらえるでしょう。

一方で、礼儀作法を重んじる目上の人には、前文に季節の言葉を入れるなど、形式に即したものが喜ばれるでしょう。

今のトレンド > 最適なプレゼントランキングはこちら

 


 

電報サービスや贈答品に添えるカードには、たくさんの文例が用意されています。

本の中やインターネット上にも、数多くサンプルを見つけることができます。

儀礼的にすべき場合は、その中から、最もふさわしいものを選び、そのまま利用するのもかまいませんが、

そうでなければ、それらを参考するにせよ、最後には自分の言葉で書きたいものです。

相手の身になって、その人が思わず嬉しくなり、力が湧くようなメッセージを贈りましょう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事